• HOME
  • ブログ
  • 練習
  • ゴルフ初心者が上達するためにおさえたいポイント3つ! 練習方法も教えます!

ゴルフ初心者が上達するためにおさえたいポイント3つ! 練習方法も教えます!

これからゴルフを始めよう。もしくはゴルフを始めたけどなかなか上達しないという人のために、今回は初心者にオススメの練習方法を紹介します。

今回は100切りを達成する上で重要となる、パター、アプローチ、アイアンショットの3つに分けて解説します。

ドライバーは練習しなくていいいの?という声が上がりそうですが、正直100切りにドライバーはさほど重要ではありません。

極論を言えば、キャディーバックからドライバーを抜いてしまってもいいぐらいです(笑)。

スコアメイクに重要なパター、アプローチ、アイアンショットの重要な3要素に関して初心者向けの練習方法を紹介するので、参考にしてみてください。

パターはまっすぐ打つ+距離感だけ

パターで重要なことは、まっすぐなラインの時にまっすぐ打てることと、距離感です。

この2つの力を養うために有効なのが、自宅用のパターマットを使うことです。

まずは1番の基本の「まっすぐ打つ」ことです。

パターマットはまっすぐ打てばカップに入ります。

パターマットで狙った方向にボールが転がらないということはまっすぐ打てていないということです。

パットに形無しと言われる様に、自分の好きなフォームで構わないのでまっすぐ打てる様に何度も繰り返しましょう。

次は距離感を養う練習です。まっすぐ転がせる様になったらパターの強弱を調整してみましょう。

  1. カップの手前からぎりぎりのジャストタッチで入れる
  2. カップの奥の壁に当てて強めに入れる

この①と②を繰り返せば、自宅にいながらパターの距離感を養うことができます。

自宅でできるアプローチ練習

上記の通りパターは自宅でもよく練習しますが、アプローチはなかなか自宅で練習する方法がありませんね。

そこで、アプローチでも自宅にあるパターマットを使ってアプローチの練習をしましょう

パターマットを使って練習するアプローチは“ピッチ&ラン”いわゆる転がし系のアプローチです。

ゴルフ=“ゴロフ”といわれることがあるぐらい、ゴルフのスコアメイクには転がしのアプローチが大きな武器になります。

パターマットを使ったピッチ&ラン練習方法は以下の通りです。

ミスをしてガラスなどを割らない様に、パターマットの先に割れ物がないことを確認してから始めましょう。

▪️方向性を合わせる練習

ピッチ&ランの難しい点は方向性を合わせることです。パターの様に転がしますが、パターよりもフェースローテーションが生まれるため、方向がブレやすくなります。

そこでパターマットのラインを利用し、ワンバウンド目、それ以降の転がりがまっすぐライン上にあるかチェックしましょう。

実際のラウンドでは、だいたい寄ればいいやという感覚で打っているため、細かくチェックしてみると打ち出しから方向性がずれている場合があります。

ラインを合わせることができるようになれば、チップインを狙える可能性も高まります!

▪️距離感を合わせる

ラインを合わせることができるようになったら、次は実際にカップを狙ってみましょう。

アプローチにしては近すぎる印象がありますが、実際のラウンドでも遭遇するケースです。

グリーン近くからピッチ&ランを使うことは多々あります。その時にピンに寄せられる確率を高めておきましょう。

アイアンショットの横振れをなくす練習

 アイアンショットでもパターやアプローチと同様、方向性と距離感が重要になります。

ですがアイアンショットは縦距離のブレは出るのが当たり前というぐらいの気持ちでいましょう。

縦の距離感距離も横のブレをなくすための練習を行った方が好スコアにつながります。

さて、練習場で簡単にできるアイアンショットの方向性を高める練習方法をご紹介します。

練習場の打席は基本的に奥のネットの中心方向を向いています。

何となく打っていても勝手にボールが中心に集まるようになっているのでショットの方向性が身につきません。

方向性を養うには、練習場の周囲の鉄塔を利用しましょう!

屋外練習場の奥には何本か鉄塔立っているはずです(ネットを張るために)。

この鉄塔を狙ってショットを打つ練習をしてみましょう

簡単と思うかもしれませんが、意外と難しいですよ。

具体的には……

  1. 狙う鉄塔を決める
    (例)1番左の鉄塔を狙う
  2. アドレスの向きをチェック
    狙いを定めた鉄塔の方向へ打つためにアドレスを作ります。そのまま打たずに、足のラインに合わせてクラブを置いてみましょう。そして一度構えをやめて、置いたクラブが指している方向を確認します。
  3. アドレスの向きを修正してからショット
    大抵、アドレスの向きを後ろから見てみると間違っています。クラブが指している方向を修正し、そのクラブと足が並行になる様に構えてみましょう。そしてそのままショットを打ちます。この練習を鉄塔を何度も繰り替えし、アドレスの向きを修正します。

上記の通り、初心者がアイアンショットで方向性が定まらない原因のほとんどが、アドレスで正しい方向を向けていないからです。

特にコースへ出ると視覚的な影響によって、目標に対しまっすぐアドレスを取るのはプロでも難しいと言われています。

アドレスが目標に対してまっすぐ取れる様に練習から心がけましょう。

まとめ

上記で紹介したパター、アプローチ、アイアンショットの練習は、なんとなくやっている普段の練習の質を高いものにする効果的な練習方法です。

特別な場所やお金、道具が必要になるわけではないので今日の練習からすぐに変えることができます。ぜひ実践しレベルアップを図ってみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。