• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • ゴルフ場の「キャディ」の役割とは?意外と知らないキャディのあれこれ

ゴルフ場の「キャディ」の役割とは?意外と知らないキャディのあれこれ

最近はプレイ料金を抑えられるセルフプレープランも増えましたが、ゴルファーの快適なプレイをサポートしてくれる「キャディ付」でのラウンドを好む方も多いですよね。

キャディがつくことでラウンド中に細やかな気配りをしてもらえ、スムーズな進行が可能になります。

ただし、キャディはただの雑用係ではありません。キャディだからこそできるアドバイスや心理的なサポートなど、ゴルファーに多くのメリットをもたらす大切な存在でもあります。

そこで本記事では、意外と知らないキャディの役割についてまとめてご紹介していきます。

キャディは2種類

「キャディ」とは、大きく以下の2つに分類できます。

  • プロキャディ(帯同キャディ)
  • ハウスキャディ

それぞれの役割について、詳しくみていきましょう。

プロキャディの役割

プロキャディとは、選手1人と契約を結んだうえで、その選手だけのために全力でサポートをする存在です。

1人の選手の専属キャディとなるのは非常にまれであり、大会ごとに各選手と契約を結ぶケースがほとんど。

トップクラスの選手につくプロキャディは、ゴルフに関する深い知識はもちろん、精神的にも信頼されるパートナーとしての力量を兼ね備えています。

ハウスキャディの役割

一方ハウスキャディとは、各ゴルフ場に勤務しており、利用客が快適にプレイを楽しめるようサポートする存在を指します。

一般的に「キャディ」といえばハウスキャディを指すことが多いため、ここからは「ハウスキャディ=キャディ」として、具体的な役割や存在意義について解説を進めていきます。

キャディの仕事内容

キャディにあまりなじみがない方のために、まずはじめにキャディの仕事内容についてみていきましょう。

キャディが実施するサポート行為

キャディがゴルファーのために実施する行為(役割)は多岐にわたります。代表的なサポート行為は以下の通り。

  • コースに関する情報提供・アドバイス
  • ゴルフバッグ運び
  • 最適なクラブ選び
  • グリーン上のライン読み
  • ボール落下地点までの距離の確認
  • スムーズな進行のためのサポート

このように、円滑なラウンド進行はもちろん、コース情報に詳しいキャディだからこそできるアドバイスの提供もサポート行為に含まれます。

その他、クラブ選びやボールマークの修理、パットライン上にある障害物(小石や木の葉など)の除去作業など、ゴルファーがストレスなくプレイを楽しめるようさまざまな面でサポートしてくれます。

キャディに頼る利点 3つ

キャディは単なる雑用係ではない、ということが分かったところで、『スコアアップを目指すゴルファーこそキャディを信頼するべきポイント』についてご紹介していきます。

キャディを味方につけることで、勝負運をぐっと引き寄せられる可能性大!これには以下の3つの理由が挙げられます。

  1. ハウスキャディはコースのプロ!
  2. ゴルファーの特性を見抜いてアドバイスしてくれる
  3. ゴルフに関する豆知識が手に入ることも

それぞれのポイントについて詳しくみていきましょう。

1.ハウスキャディはコースのプロ!

ハウスキャディは自分の所属するゴルフ場のコースに関して、非常に深い知識を持ち合わせています。

時折足を運ぶゴルファーたちよりもはるかに長い時間をコース上で過ごしており、所属コースはいわば自分の戦場のようなもの。

キャディを信頼することで、

  • グリーンの傾斜
  • 芝のライン
  • ホールのごとの戦略

などなど、キャディにしかできない貴重なアドバイスをもらえる可能性がありますよ。

2.ゴルファーの特性を見抜いてアドバイスしてくれる

ハウスキャディのアドバイスはコースに関してだけではありません。

毎日何人ものゴルファーと接しているからこそ、ひとりひとりの特性を見抜いたうえで的確なアドバイスをもらえることもあります。

  • ドライバーの飛距離
  • アプローチで得意とする距離
  • パットの正確さ

など、個人のゴルフスキルに合わせたクラブ選びやコース戦略をサポートしてもらえますよ。

時には自分では気が付かない“クセ”まで見抜かれてしまうことも……?

3.ゴルフに関する知識が手に入ることも

名門コースのキャディは特に、ハイレベルな選手についてラウンドを回ることも多々あります。

通常のゴルファーでは経験できないゴルフ戦略を目の当たりにし、トップ選手についた経験のあるベテランキャディならではの情報を知っているケースも。

ハウスキャディと仲良くなることで、こういった裏話や貴重なエピソードなどを教えてもらえる可能性もあります。

自分のゴルフ知識をさらに深めるきっかけにもなりますね。

まとめ

ゴルファーを全力でサポートする「キャディ」についてご紹介してきました。

くり返しになりますが、キャディはゴルファーの強い味方であって、単なる雑用係ではありません。

高圧的な態度で接するのではなく味方につけることができれば、今のゴルフスキルやスコアをぐっとアップさせるチャンスがやってくるかもしれませんよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。