山なみが望めるLA近郊の絶景コース「Griffith Park Golf Club」

ゴルフトリガーでは、絶景コースの体験情報を募集しています。

今回は、ゴルフトリガーの公式ライターさんから、アメリカ・ロサンゼルス近郊のパブリックコース「Griffith Park Golf Club」(グリフィスパークゴルフクラブ)の写真が届きましたので紹介させていただきます!

アメリカ・LAのパブリックコース「Griffith Park Golf Club」

  • ADDRESS: 4750 Crystal Springs Dr, Los Angeles, CA 90027
  • 価格:平日35$〜、休日50$〜

「Griffith Park Golf Club」はロサンゼルス・ダウンタウンから一番近いパブリックコースで、ロサンゼルス動物園の近くにあるゴルフ場です。

「WILSON」「HARDING」の2つのコースで構成され、計36ホールのゴルフ場になっています。

山の中にあり、ロサンゼルス近郊とは思えないほど静かななかでプレーを楽しむことができます。

早い時間にプレーをすれば、午後の時間を観光に使うことができるので、LA旅行のついでにプレーするのがオススメです!

グリーンはキレイで、9フィート以上はあるように感じました。

平日なら35$でプレーできるコースですが、メンテナンスもしっかりされています。

カートナビもついているので、初めてでもストレスなくプレーが可能です!

実際のコースの雰囲気は?

それでは、実際のコース内で取った写真を紹介します!

◆コース紹介

2番ホール

6番ホールは大きく右に曲がるドッグレッグホール

山なみがキレイな13番ホール

◆施設も充実!

コースだけではなく、練習場もあるのですが、ちょっと雰囲気が違いました。

まるで駐車場のガレージから打っているようで、なかなか日本では見られない形だと思います。

ドライビングレンジの使い方は、プロショップの受付で全ての手続きを済ませて、5$60球・9$80球・12$100球(球数はうろ覚えです)の3パターンから選び前払いでプロショップにてお金を払います。

お金を払うとレシートを渡されるのですが、そこに書いてある一番下の数字430810を機械のボタンで押します。

そうすると球が出てくる仕組みです。

アメリカではオーソドックスな形式なので、覚えておくと役立ちますよ!

◆予約の取り方など

今回、私が訪れた際には電話で予約をしましたが、英語が話せなくても、ホームページから予約することができます!

簡単に説明しますと、

  • 公式HPから「Book a Tee Time」を選ぶ
  • プレイヤーカードを持っていないので「No」
  • 周りたいコースを選ぶ
  • 予約したい時間を選ぶ
  • 確認画面

といった手順になります。

ちなみにこのコースは、ロサンゼルス市が運営しているため、ロサンゼルスのゴルフ場予約サイト「https://golf.lacity.org/」にて予約をすることができます。

余談ですが、このコースは近くの学生ゴルファーのホームコース的な存在にもなっているそうです。

昼から練習ラウンドにくる学生が見受けられましたが、もしかすると、未来のPGAスターがその中にいるかもしれませんね。

また、スタッフの中に、ロサンゼルス育ちの日本人スタッフの方もいらっしゃいました。

もちろん、いつもいるとは限りませんが、なんとなく安心できますね(笑)。

食べ物も、いかにもアメリカらしいものが多く揃っており、どれもが美味しかったです。

ちなみに、アメリカのゴルフ場は日本と違い、スループレーが基本です。

ハーフ間の昼食休憩はないので、このような軽食がメインになります。

スループレーのぶん、所要時間が短く済むので観光との両立にピッタリですね。

まとめ

今回は、アメリカ・ロサンゼルス近郊の「Griffith Park Golf Club」の情報をお届けしました。

ぜひ、みなさんもLAに行かれる際には、足を運んでみてくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。