• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • ゴルフのレッスンに資格は必要? ティーチングプロの種類&なり方を解説

ゴルフのレッスンに資格は必要? ティーチングプロの種類&なり方を解説

ゴルフの人気が高まる昨今、さまざまな場所でゴルフスクールやレッスンが開講されています。

そんなゴルフレッスンを実施する指導者に関して、

  • レッスンプロって、特別な資格を持っているの?
  • 自分も指導してみたいけど、なり方がわからない!

このように感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ゴルフを指導するプロフェッショナルについて、資格の種類や取得方法などをまとめて解説していきます。

資格がなくてもゴルフレッスン・スクールは開催できる

まず結論から言うと、ゴルフレッスンを実施するうえで特別な資格は必要ありません。というより、“無くても問題ない”とお伝えしておきます。

例えば医師や教師のように、特別な免許や資格がなければ違法になる!というものではないので、教えようと思えば誰でもレッスンを開講できます。

ただし、ここで気を付けたいのが、指導を受ける側について。

  • 特別な資格・肩書きがないコーチのレッスン
  • 「○○資格取得」「○○認定プロコーチ」などの肩書きがある人のレッスン

自分ならどちらのレッスンにお金と時間をかけますか? という点です。

実績・肩書き・集客力の面で資格は有効

先ほどの問いの答えは、明白ですよね。

プロコーチとしての資格は、こうした集客力や安心感などの面で非常に有利にはたらきます。

もちろん、正しい指導方法を学ぶことで、自信をもって質の高い指導内容を提供できるのも大きなメリット。

肩書きと正しい知識・指導力は、「人に教えること」を仕事にするうえで、非常に重要な役割を持つことを理解しておきましょう。

ゴルフ指導者に関する資格一覧

では、ゴルフ指導者に関する資格にはどんな種類があるのか、具体的にチェックしていきましょう。

代表的な資格認定団体を以下にまとめると、

  • 日本プロゴルフ協会(PGA)
  • 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)
  • 日本インストラクタープロゴルフ協会
  • 全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟
  • 全日本ゴルフ練習場連盟
  • アメリカ合衆国ゴルフ教師連盟

などなど、数多くの団体が民間レベルで資格を認定しています。

中でも絶大な信頼度を誇るのが、「PGAティーチングプロ資格」を認定する『日本プロゴルフ協会』、および女性へ「LPGAティーチングプロフェッショナル会員」を認定する日本女子プロゴルフ協会です。

そこでここからは、上記の認定資格を取得するための手順について、解説を進めていきましょう。

PGAティーチングプロ資格認定制度

PGAティーチングプロ資格の認定を受けるには、約1年間にわたる講習を受講しなければなりません。

また、この受講者として選定してもらうために、審査にクリアする必要があります。

受講者選定までの審査手順・参加条件

一般の方の受験資格は、受験年度に20歳以上に達するという点のみ。審査は以下の4つの方法で実施されます。

  1. 書類審査
  2. プレ実技審査
  3. 実技審査
  4. 最終審査

書類審査は主にレポート形式で、“ゴルフの指導”に関する考えを述べるケースが多いようです。

実技審査は実際に36Hストロークプレーを実施し、通過基準のクリアや上位通過が審査条件となります。

最終審査では面接やルールに関する筆記試験が行われ、合格した人が受講者として選定され、ティーチングプロへの切符を手にできます。

画像引用:日本プロゴルフ協会 公式サイト

講習会への参加

講習会受講者は約1年間にわたり、さまざまな分野に関する講習や実技指導を受けます。

その内容は、ゴルフに関する知識はもちろん、接客や心理学、栄養学まで多岐にわたり、ゴルフ指導のプロとして格段にレベルアップできる充実の内容。

各月ごとに検定試験やレポート提出が課せられ、出席点とともに合格点に達しているかが評価されます。

すべてのカリキュラムを終え、無事に合格点に達すれば晴れてティーチングプロ(TCPB級)の仲間入り!

このTCPB級の資格が取得できれば、その先にあるワンランク上の認定資格(TCPA級およびジュニア指導員資格)の認定にチャレンジできます。

女性でティーチングプロを目指すには?

これまでは、女性でティーチングプロ(ティーチングプロフェッショナル)を目指すには、LPGAによる一定の条件をクリアすることが必要でした。

が、2019年2月、日本プロゴルフ協会(PGA)がこれまで男性に限ってきたティーチングプロの募集要項から「男性」の文言を外し、女性への参加枠を広げる方針を決定。

現在のPGAの募集条件は「20歳以上に達する“者”」とされています。

これまで通り、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の基準にのっとる場合の流れは、以下の表のとおり。

画像引用:日本女子プロゴルフ協会 公式サイト

ですが、B級資格の取得が目指せるPGAも、新しい選択肢として視野に入れてみてもいいでしょう。

まとめ

「ゴルフのレッスン指導者に必要な資格」について、関連する情報をまとめてご紹介いたしました。

プロゴルファー=大会に参加して賞金を稼ぐ、というイメージを抱きがちですが、指導者としてのプロも非常に魅力的な道だといえるでしょう。

資格の種類や取得方法、所要時間や費用などは様々です。

レッスンを受ける際の参考に、どのような肩書きを持っているのかわかるためにも、覚えておくと役に立つかもしれませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。