ゴルフ初心者必見! ポロシャツは必須?服装マナー5つの疑問を徹底解説

初めてのコースデビューが決まると、期待と不安で胸がいっぱいになりますよね。

ゴルフクラブやグローブなどのグッズ準備のほか、おしゃれなウェア選びもゴルフの醍醐味のひとつ。

ここで押さえておきたいのが、ゴルフウェアのマナーについてです。

紳士淑女のスポーツとされるゴルフでは、ドレスコードともいえる最低限の服装マナーがあることをご存知でしょうか?

知らないうちにマナー違反とならないよう、初心者が知っておくべく服装マナーについて徹底解説していきます。

ゴルフ初心者必読! ゴルフウェアのマナー5選

ボールを拾うゴルファー

ゴルフといえば、ポロシャツにチノパンというファッションスタイルをイメージする方も多いのではないでしょうか?

ポロシャツはゴルフウェアの基本中の基本。Tシャツやジーパン、サンダルなどはNGとされています。

これらを含め、服装マナーの基本を以下の5つのポイントに分けてみていきましょう。

  • シャツは襟付きのもの(Tシャツ、タンクトップ等はNG)
  • パンツスタイルが基本
  • ジャケット、革靴での入場が理想
  • ポロシャツはパンツインが原則
  • クラブハウスやレストランは帽子・サングラスNG

基本的な考え方は男性も女性も同じです。それぞれのポイントについて、さらに深堀りして解説していきます。

シャツは襟付きが大原則!ポロシャツは必需品

パッティングをする男性

ゴルフウェアの大原則ともいえるのが、『襟付き』のトップスかどうかという点です。

Tシャツやキャミソールなど、首元があいたトップスは厳禁!

たとえ初心者向けのコースでも、襟のないラフすぎる服装では入場をお断りされてしまう可能性もあります。

また、たとえ襟付きでもタンクトップ型は避けた方がいいでしょう。

『ゴルフ=ポロシャツ』は大原則。初心者は迷わずポロシャツスタイルを選ぶようにしましょう。

パンツスタイルが基本、スカートは短すぎないものを

次にボトムスですが、パンツスタイルが基本になります。男性であればチノパンを選んでおけば安心。

女性の場合、ゴルフウェアとして取扱いのあるものであれば、スカートや短パンでも問題ありません。

しかし、短すぎるスカートやホットパンツはNG。また、露出部分が多すぎるのも好ましくありません。

スカートタイプであれば、ソックスは長めのものを選ぶなどの配慮が必要となります。

ジャケット、革靴での入場が理想

クラブハウスへの入退場の際は、ジャケットを羽織るのがマナーとされています。

また、外からゴルフシューズを履いたままの入場やサンダルは絶対にNG!

革靴で入場し、クラブハウス内でゴルフシューズへ履き替えるようにしましょう。

ポロシャツはパンツインが原則

シャツ出しOKのコースや、シャツ出しを想定したウェアも増えてきてはいるものの、基本的にはポロシャツはパンツインするのがマナーになります。

ポロシャツをインし、ベルトで腰回りをスッキリさせるのがゴルフスタイルの原則。シャツ出しで周囲にだらしなさを感じさせないよう配慮しましょう。

クラブハウスやレストランは帽子・サングラスNG

ラウンド中の必須アイテムともいえる帽子やサングラスですが、クラブハウスなどの室内では外した方がいいでしょう。

また、汗をかいたからといって、タオルを首から下げておくのも好ましくありません。ゴルフの基本は紳士淑女にふさわしいかどうか。

そこまで固くなる必要はありませんが、最低限のマナーを守れると、自分も周囲も気持ちよくゴルフを楽しむことができますよ。

ポロシャツはユニクロでもOK!機能性やデザイン性で選ぼう

ポロシャツを着た男性

ゴルフの必需品となるポロシャツですが、

  • ゴルフメーカーのポロシャツ
  • ノンブランドのリーズナブルなもの(ユニクロなど)

どちらを選ぶべきか迷ってしまう方もいるでしょう。結論からいえば、メーカーに指定はありません。襟付きであればどんなポロシャツでも着用OKです。

それぞれのメリットデメリットを踏まえ、ご自分に合ったポロシャツを選んでみてください。

機能性重視ならゴルフメーカーのポロシャツ

ゴルフメーカーが取扱う専用のポロシャツは、速乾性やUV加工、撥水効果、花粉対策などのさまざまな機能面に非常に優れた効果を発揮します。

伸縮性や耐久性に関しても、ゴルフで着用することを前提として作られているのは大きなメリット。

屋外で長時間活動するゴルフだからこそ、ウェアの機能性はパフォーマンスに直結します。

やや値段が高いというデメリットはありますが、機能性を重視したい方はゴルフメーカーのポロシャツを1枚は持っておいた方がいいでしょう。

価格・カラーバリエーション重視ならユニクロのポロがおすすめ

機能性よりも価格帯やお手軽さを重視するならユニクロのポロシャツをチェックしてみましょう。

豊富なデザインやカラーバリエーションを取り揃えているうえ、どれも安価で購入しやすい点は大きな魅力です。

プロゴルファーのアダム・スコットがユニクロと契約しているので、ゴルフウェアでも広く認知されています。

初心者はまずユニクロのポロシャツから、という選択でもまったく問題ありません。

ウェアを安価なもので揃えておき、その分をクラブや他のゴルフグッズに投資するのもおすすめ。プレイ後の着替え用として用意しておくにもぴったりですよ。

まとめ

カートに乗るゴルファー

ポロシャツの選び方を含め、ゴルフ初心者がチェックしておくべき服装マナーについてお伝えしてきました。

ドレスコードと聞くとなんだか非常に堅苦しいようなイメージを持ちますが、実際はそこまで厳しいものではありません。

格式高いゴルフ場では厳しくチェックされるケースもありますが、初心者の方はまず本記事で紹介したチェックポイントを頭にいれておけばOK。

正しいマナーを守ったうえで、ゴルフファッションやコースデビューを楽しんでくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。