アイアンの軟鉄とステンレスの違いは? どっちがおすすめ?

だれもが使うゴルフクラブの種類のひとつ「アイアン」。

そのアイアンを語る上で、よく話題に上がるのが「軟鉄アイアンが良いのか、それともステンレスアイアンが良いのか」です。

この記事では、軟鉄アイアンと、ステンレスアイアンの違いを解説した上で、軟鉄向きの人。ステンレス向きの人の特徴について解説していただきます。

大きく分けて2種類

そもそも、軟鉄(フォージド)アイアン、ステンレスアイアンとは一体何を意味しているのでしょうか?

わからない人のために、まずはアイアンの基本的構造から解説していきましょう。

アイアンは大きく3つの部分に分かれます。

  1. グリップ
    手でクラブを握る部分です。素材は基本的にゴムですね。
  2. シャフト
    グリップとヘッドをつないでいる棒です。素材はスチールかカーボンでできています。
  3. ヘッド
    ゴルフボールを実際に打つ部分です。素材は軟鉄とステンレスがあります。

今回解説するのは、3番:アイアンの中のヘッドという部分についてです。

軟鉄アイアン、ステンレスアイアンというのは、ヘッドの素材についてのお話です。。

軟鉄とは軟鉄鍛造という製法で作られているゴルフクラブを意味します(最近では生産技術の向上によって鍛造していない軟鉄アイアンもあります。)。

日本刀を作るシーンを思い浮かべていただければイメージしやすいかと思います。

溶かした金属に圧力を加えることで強度を高めます。これが軟鉄アイアンです。

もう1つのステンレスアイアンは、金型にステンレスを流し込んで成型します。

このように軟鉄アイアンとステンレスアイアンでは素材自体に違いがあるだけでなく、製法も異なるんですね。

軟鉄アイアンの特徴

軟鉄アイアンとは言葉の通り、柔らかい鉄を使われたアイアンです。

化学的には素材内の炭素含量が少ない鉄です。

そのままの軟鉄では強度が弱くゴルフクラブのヘッドとしては使用できませんが、製造過程で圧力を加え素材を凝縮することで高強度な軟鉄ヘッドが出来上がります。

軟鉄アイアンの特徴は以下の通りです。

  • 打感が柔らかい
    製法によって強度を高めましたが、元々の素材の特性が生きおり上級者好みの柔らかい打感が得られます。
  • ロフトやライ角の調整が可能
    柔らかい素材の軟鉄は、強い力を加えることでロフトやライ角を微調整することができます。微調整可能という点も上級者に好まれる要因の1つですね。

ステンレスの特徴

ステンレスという素材は馴染み深いですね。フライパンや物差し竿もステンレスでできていることが多いですね。

ステンレスアイアンの特徴は以下の通りです。

  • 手入れが楽!
    私はこれがステンレスアイアンの最大のメリットだと思います。ステンレスとはstain(錆)がless(ない)という意味で、錆びない金属です。軟鉄アイアンのクラブでラウンドした後メンテナンスせずに放置しておくと錆びてしまいますが、ステンレスアイアンであれば大丈夫です。
  • ロフトやライ角の調整ができない
    ステンレスはとっても硬い素材なので、売られている状態からロフトやライ角を調節することができません(Pingのステンレスアイアンにはライ角を調整できるモデルがあります)。

どっちがおすすめ?

今回はアイアンの素材の特徴について解説させていただきました。

稀に、軟鉄アイアンは芯が狭くて、ステンレスアイアンは芯が広い、玉離れが早いという解説がありますが、それは素材の特徴によるものではなく、クラブヘッドの構造による影響が大きいので素材の特徴としては上記に上げた2つが大きな違いとなります。

気になるところはどちらの素材のアイアンを使った方がいいかということですよね。

素材の特徴から考えると実力よりもゴルフに対する熱中度から決めた方がいいと思います。

軟鉄アイアンを買うべき人はズバリ! 実力にかかわらずゴルフに熱中している方!

軟鉄のアイアンのいいところは自分好みに調整することができる点と、いい意味で手入れに手間がかかることです。

ゴルフに熱中しているゴルファーにとっては、手入れしている時間、自分仕様に傷かついてくる劣化具合も愛着を感じる要因ではないでしょうか?

実力に自信がないという方は、軟鉄素材のポケットキャビティーアイアンも販売されているので優しめの軟鉄アイアンを購入するといいと思います。

対して、ステンレスアイアンをオススメするのはゴルフへの熱中度が高くない場合。

会社の先輩に誘われた時しか行かない。ゴルフがおわったら次のゴルフまで車のトランクに積みっぱなしという方は、上手い下手にかかわらずステンレスアイアンの方がお勧めですね。

手入れしなくても長持ちしてくれるのがステンレスアイアンの長所でもあるので、ゴルフ熱が低く手入れが面倒という方はステンレスアイアンを選択した方がいいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

一般的には平均スコア100以下を目指す場合は軟鉄アイアン、それ以上の場合はステンレスアイアンの方がおすすめと言われています。

少し変わった切り口でゴルフの熱中度で選んでみてもいいかもしれませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。