ゴルフ新ルール完全ガイド|施行されてアマチュアゴルフはどう変わった?

2019年1月1日より、これまでのゴルフルールが大きく変更されました。

ひと言でいうと、なんとなくわかりにくい印象だった複雑なルールがスッキリしたような、初心者にとって嬉しい変更が盛りだくさん♪

すでに施行されている新ルールをしっかり把握することで、伸び悩んでいるスコアをぐっとアップさせちゃいましょう!

ゴルフ新ルールは初心者に優しくスピーディーに

今回変更された新ルールの多くは、「わかりやすい」「優しい」「スピーディー」が特徴です。

従来のルールでは細かい部分まで何かと“罰打”が設定されており、初心者にとってはちょっとモヤモヤしてしまう場面も多かったですよね。

新ルールでは救済範囲がぐっと広がっただけでなく、罰打にならなくなった事象も増え、ただやり直せばいいケースが多くなりました!

罰打のせいで打数がどんどん膨れ上がっていた初心者ゴルファーの中には、新ルールの適応によって一気にスコアが爆上がりする人も?

厳選!覚えておきたい7つのゴルフ新ルール

そんな気になる新ルール、日本ゴルフ協会から発行されている『ゴルフ規則のオフィシャルガイド』にてすべてチェックすることができます。

……が、量が多すぎて見にくいんですよね。初心者には分かりにくい言い回しになっている部分もあります。

そこで、初心者がまず覚えておきたい新ルールだけを厳選し、7つのポイントにまとめて解説していきます。

1.OBした付近から2打罰で進行できる

OBやボールをロストしてしまった場合、プレイング4(通称:プレフォー)が設定されているホールでは2打罰にてそこから打ち直しになりますよね。

新ルールでは、プレフォーがない場合や2打目以降にOBしてしまった場面でも、2打罰にて紛失した付近のフェアウェイからプレイを進行することができるようになりました。

今までのように、探した結果ボールが見つからずにわざわざ前の位置にもどってから打ち直す、という必要がなくなったわけです。

まだショットが定まらない初心者にとっては、非常に心強いルールになりましたね♪

2.バンカーは手で出してOK(2打罰)

初心者の天敵、バンカーショット!!

うまく外に出せずに打数ばかりがかさんでしまった経験、誰にでも一度はあるのではないでしょうか?

新ルールでは「アンプレヤブル宣言」をすることで、2打罰を払ってバンカー内のボールを手で外に出すことができます。

プレイの再開位置は、球が止まっていた位置とカップを結んだバンカーの後方延長線上…つまりはバンカーの後方にボールをドロップして決定します。

ちなみに、今までは触れることのできなかったバンカー内の小石や木の葉を取り除いていい、というルールも追加されています。

3.グリーンのピンを立てたままパットできる

これまではボールがグリーンに乗ったらピン(旗竿)は抜かなければなりませんでしたが、新ルールでは常に立てたままでOKに。

ロングパッドも気にせずどんどん打てるようになったうえ、ピンにボールが当たってカップインするチャンスも増えますよね♪

従来はピンにボールが当たると罰打になっていましたが、そのルールも廃止。

ピンの抜き差しの手間もなく、自分のパットが終わったらクラブを持ちに行けるのでスピーディーにどんどん進行できるのもうれしいポイントです。

4. 1ホールごとの最大打数が設定

初心者にとっては大きなメリット?の可能性もある新ルールがこちら。

各ホールごとに、最大打数を設定することができるようになりました。

主催者が任意に設定してOK!

これまでも仲間内でローカルルールを採用していた方も多いとは思いますが、新ルールでは公式に設定可能に。ズルをしているわけではなくなりました。

コンペ等でどこまでも膨らんでいく打数にうんざりすることもなくなりそうですね。笑

5.ドロップは膝の高さから

バンカーでの新ルールにも関係しますが、ホール中にボールをドロップする場面にかかわるうれしいルール改定です。

今まではボールのドロップは肩の高さからでしたが、新ルールでは膝の高さからドロップ可能になりました。

これによってドロップしたボールがディボットに転がってしまうなんてパターンは少なくなるのはうれしいところ。自分の意図する位置からプレイを再開しやすくなりましたね♪

6.救済時にボールを交換できるように

ホール中、救済措置としてボールを置きなおす場面でボールの交換が可能になりました。

ボールに泥がついてしまった時や、なんとなくうまくいかないのをボールのせいにしたい時(笑)なんかにはうれしいルール改定ですね!

7.準備ができた人からどんどん打とう

これまでのルールでは、グリーンから一番遠い人から順に打つのが基本でした。

つまり、遠い人が打つまで長いこと待たなくてはならなかったんですよね。

新ルールではここも改定!安全さえ確保できれば、準備ができた人からどんどん打てるようになりました。

待ち時間が長すぎて自分のペースが乱れてしまったり、周りを待たせすぎて気持ちばかり焦ってしまうことも解消できそうですね♪

実際のプレーでは、ひとこと「お先に」と声をかけるとスマートです。

※公式大会では適応外の新ルールも

今回改定された新ルールは、あくまで一般ルールとしての改定です。

プロゴルフを代表とする公式大会では適応外のルールも多いため、大会出場を目指す方は新ルールに頼りすぎないほうが安全だといえます。

初心者や、趣味としてのゴルフを楽しむ方にとっては、今回のルール改定は強い味方になってくれそうですね!

新ルール適応でゴルフをもっと身近に

そもそもルールが改定されることになったのは、ゴルフをもっともっと身近で親しみやすいスポーツに進化させるためだといわれています。

初心者にやさしい、だらだら時間がかかりすぎない

そんな方針をうまく実現させた今回の新ルールは、駆け出しゴルファーのスコアアップに大きく貢献してくれそうですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。