• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • ゴルフ場でのトイレはどうする?いざという時に慌てないための対策まとめ

ゴルフ場でのトイレはどうする?いざという時に慌てないための対策まとめ

ゴルフのプレー中に「ちょっとお腹が……」なんていう恐ろしい経験がある方も多いのではないでしょうか。

トイレはそれぞれのゴルフ場によってさまざまで、すぐに駆け込めない場合も。特に女性や緊急時の腹痛など、トイレ事情が気になりますよね。

今回はゴルフ場のトイレ事情について、いざという時に慌てないための対策や失敗談をご紹介します。

ゴルフ場でのトイレはどうする?気をつけたい4つのポイント

プレー中の突然の腹痛でも慌てないためには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか。意識したい4つのポイントについて見ていきましょう。

◆スタート前にトイレを済ませておく

まずは、ラウンドをまわる前にトイレを済ませておきましょう。一般的には早めにゴルフ場へ到着し、着替えてから準備運動をする人が多いかと思います。そのタイミングでトイレを済ませるのが最もスムーズです。

事前にトイレを済ませることで心身ともにリラックスでき、良い成績を出せるかもしれません。

トイレが心配だという方だけでなく、スコアアップのためにリラックスしてプレーしたいという方は、ぜひ忘れずにトイレを済ませておきましょう。

ここで注意したいのが、スタート時間ギリギリに到着する方です。ゴルファーの間では、スタート時間の1時間前には到着するのがマナーとされています。

時間に遅れることでバタバタしてしまい、準備が十分にできなかったり、トイレに行けなかったりする可能性があるため、早めの到着を心がけましょう。

◆ゴルフ場のトイレの場所を把握する

事前にトイレへ行っていても不安な方は、あらかじめゴルフ場のトイレの場所を確認しておくと良いでしょう。

トイレの数や場所はゴルフ場によってさまざまで、3ホールごとにトイレがある場合や、インコース・アウトコースに1つずつしかない場合も考えられます。

そこでプレーが始まる前に、フロントなどでトイレの場所を確認するのがおすすめです。トイレの場所を把握すれば、タイミングを見計らってトイレに抜け出すことができます。

事前にフロントに確認できなくても、スコアカードにトイレの場所が記載されていることも多いので、ぜひチェックしてみて下さい。

◆薬を用意する

ラウンド中の急な腹痛など、緊急時に備えておきたいのが「下痢止め」の薬を持っておくこと。最近では水なしで飲めるタイプが多くなっているので、急な腹痛を乗り切るのにおすすめです。

また、薬を用意しておくことで、精神的にも安心できるのがうれしいポイント。緊張するとお腹を壊しがちな方は、ぜひ試してみてくださいね。

◆トイレに行く際は声をかける

プレー中にトイレへ行く際には、仲間に声をかけてから抜け出しましょう。急にいなくなるとプレーが遅れるだけでなく、「どこかで倒れているのでは?」と心配をかけてしまう可能性も。仲間が自分を探していてプレーどころではなくなった……なんてことも考えられます。

トイレに行く際は一言声をかけるのがマナーです。また、トイレに行きたい時に自分の打順が回ってきたら、先に打ってもらうようにしましょう。

これってあるある? ゴルフ場でのトイレ失敗談

プレー中にトイレに行きたくなった……なんて経験は誰にでもあるもの。そこでここでは、ゴルフ場でのトイレ失敗談をご紹介します。

失敗談①:トイレにクラブや持ち物を忘れてくる

慌ててトイレに駆け込んだものの、すっきりしたせいかトイレに忘れ物をしてしまった! という人が多いようです。

クラブ、帽子、スマホ、スコアカード、ボールなど、いろんなものがトイレで見つかっているそう。

すぐに気がつけばいいのですが、自宅に帰ってから気がつくと探すのも大変ですよね。トイレに行った際は、忘れ物がないか一度確認をしましょう。

失敗談②:焦るあまり、迷子になってしまう

プレー中のトイレは、ギリギリまで我慢するという人も多いもの。トイレに行くために抜け出したけれど、焦るあまり、迷子になってしまったという経験をしている方も多いようです。

確かに、慌てていると「トイレってどこだっけ?」となってしまいがち。事前にトイレの場所を確認しておくと良いでしょう。

失敗談③:仲間が自分を探していた

トイレから帰ってきたら、仲間がみんなで自分を探していた……というのは、トイレに行く際に、仲間に一言声をかけなかった場合の失敗談です。

急に仲間がいなくなったら、誰でも心配するもの。どこかで倒れていたり、ケガをしたりしていないかと探すことになってしまいます。

そうなってはゴルフどころではありませんし、同行者にも迷惑をかけてしまうので、マナーとして一言声をかけるようにしましょう。

失敗談④:混んでいるトイレを選んでしまう

いくつかあるトイレの中から、混んでいるトイレを選んでしまった……という経験はありませんか?

ゴルフ場ではなぜか「いつも混んでいるトイレ」「穴場のトイレ」が存在します。現在地から近いトイレを選んだら、とても混んでいて待たされた……なんてことも珍しくありません。特に緊急時は一刻でも早くトイレへ行きたいもの。

混んでいないトイレを見つけるには、少し離れたトイレを利用するなど、工夫してみるのもおすすめです。

まとめ

今回は、ゴルフのプレー中のトイレ事情について、いざという時に慌てないための対策やよくある失敗談をご紹介しました。

急な腹痛はいつ来るかわからないもの。あらかじめトイレの場所を把握し、薬を準備しておくことで慌てずに対処できます。

トイレへ行く際には、仲間に一言声をかけ、忘れ物などに注意するようにしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。