【キャディ】ゴルフ初心者必見! 必要な3種類のバッグをそろえましょう!【ラウンド】

今日はゴルフで必要なバッグについて説明したいと思います。

まず、『ラウンドバッグ』『ロッカーバッグ』『キャディバッグ』と言う言葉を聞いたことはありませんか?

私は始めたばかりの頃、なにがなんだかサッパリでした。少しずつ、ゴルフに慣れてきて本当に必要なバッグを購入できたので、読者の皆様にも紹介したいと思います。

◆キャディバッグ

キャディバッグとは、ゴルフクラブを入れるためのバッグです。

始めたばかりで持ってない!という方もいるかもしれませんが、ラウンドに出るようになると、クラブをまとめて入れてそのままカートに積むので、絶対に必要になります。

クラブはあるけど、キャディバッグがない方は本コースでラウンドするのであれば、必要になってきます。

そしてキャディバッグは大きいので、ゴルフ場でかなり目立ちます!

同伴者にも、『キャディバッグいいねぇ』と褒めてもらえる事もしばしば。

お洒落な可愛いキャディバッグやカッコいいデザインなど、豊富にあるのでこれから買う予定のある方はじっくり選んでみてください。

◆ラウンドバッグ

まず最初に紹介したいのが『ラウンドバッグ』です。

これもとにかく、持っていた方がいいカバンです。

ラウンドバッグという名の通り、ラウンド中に持ち歩くバッグです。

女性に限らず、男性ゴルファーの方も老若男女問わず必ず!と言っていいほど持っています。

このバッグの中には、ほとんどの方がボールや手袋、ティーやマーカーなどなどゴルフで必要なアイテムを入れています。

女性ならちょっとしたお化粧直しのポーチなども入っています。

ゴルフをする上で、必要な小物をまとめて入れておくカバンがあると便利です。

カバンの決まりはないですが、やはりゴルフブランドの物を選ぶと収納ポケットなどが沢山あり、使い勝手がかなり良いです。ノーブランドでも小ぶりなトートバッグなどで、十分代用できます!

ただ、カートに置くスペースは限られていますので、カバンのサイズには注意しましょう。

◆ロッカーバッグ

こちらはあまり耳にしない方も多いかもしれません。

ロッカーバッグというのは、着替えなどを入れて文字通りロッカーに入れておくカバンです。

ゴルフウェアやタオル、帰りの洋服、ゴルフシューズなどが収納できます。

ゴルフ場に到着し、受付を済ませてロッカーに入れるまで。あとは帰りにロッカーからまた、受付で精算を済ませて車まで。

実際に持ち歩くのは短い時間だけですが、ファッション好きなゴルファーとしては、侮れないものになります。

なぜかと言うと、ゴルフ場のフロント(ロビー)にはロッカーバッグ置きがしっかりと用意されているのです。

なので、朝の受付時や夕方の精算時にはロッカーバッグ置きにはズラリとカバンが並びます。

一度見ればわかりますが、ほとんどの方がゴルフブランドのロッカーバッグ、もしくはハイブランドのボストンバッグなどを使用しています。

ここにあまりに場違いな鞄を置くのが嫌だ!という方は、それなりのロッカーバッグを持っておくと便利です。 

女性ゴルファーならラウンドバッグとお揃いで販売されていることが多いので、見た目も統一感があり可愛いのでおすすめです。さらにキャロウェイ、マンシングウェア、ゼクシオなどからキャディバッグとラウンドバッグ、ロッカーバッグ全部お揃いのデザインで売っているメーカーもあるので、そちらも要チェックです。

◆まとめ

今回の記事では、ゴルフに必要な3つの「バッグ」について解説しました。

3点全部お揃いのデザインとなると、本当に可愛いですよ!

私はロッカーバッグとラウンドバッグだけ、お揃いのデザインで合わせていますが、それだけでも同伴者に『お揃い可愛いね』と褒めてもらえることが多いです。

キャディバッグまで合わせるのは難しいですが、ラウンドバッグとロッカーバッグのお揃いはかなりオススメです!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。