タイガー・ウッズを育てたダッドミラーGCでラウンド!【海外コース特集】

ゴルフトリガーをご覧の皆さん、こんにちは。

今回の記事では「絶景コース特集 第3弾」として、アメリカ・ロサンゼルス郊外の「Dad Miller Golf Course」をご紹介していきます!

◆タイガーウッズを“育てた”コース

ディズニーランド・パークの近くで、観光スポットが多数存在する「アナハイム地域」に位置する「Dad Miller Golf Course」。

アナハイム地区といえば、あの超一流プロゴルファーのタイガー・ウッズが生まれ育った場所としても知られています。

そしてこのコースは、タイガー・ウッズが中高生の頃に所属していたクラブチームのホームコースなのです!

近くには、“タイガー・ウッズ通り”も。

そのほかにも、「タイガー・ウッズ ラーニングラボ」という教育施設を、タイガー・ウッズが寄付して建てているくらい、タイガー・ウッズとの結びつきが強い街のようです。

◆ダッドミラーGCの概要

  • Adress: 430 North Gilbert Street Anaheim, CA 92801
  • fee:大人46$~ キッズ39$~ 薄暮28$~
  • website:https://dadmillergc.com

パーはOUT 35・IN 36でトータルPAR71の18Hです。

Championshipティーからは、5892ヤード、regularティーからは5622ヤードとなっています。

広々とした練習場も併設。万全の状態でコースに臨めます。

クラブハウスでは、ゴルフ用品やファストフードを買うことができました。

レストランは、地元の学生ゴルファーをはじめ、多くの方が利用されているようです。

◆実際のコース写真を紹介!

では、実際にラウンドした中から、数ホールの画像を紹介していきます!

1番ホールは、フラットで広々としたホールから始まります。

ドライバーを思い切り振れるので、1日のゴルフの始まりを気持ちよくスタートできますね!

4番ホールは、やや木々で絞られているパー4。

大味はホールばかりではなく、ショットの正確性やコースマネジメントを問われるホールもあり楽しめます。

11番は池越えのショートホール。

短いながらも、プレッシャーがかかるショットを要求されます。

全体的にフラットなので、初めてのラウンドでもしっかりコースを確認してショットできます。

日本のように林で遮られているわけではないので、多少ティーショットが曲がってもリカバリーできるのもGOODです。

◆ラウンドしての感想

訪れてまず感じたのは、現地では人気のコースであるということ。

取材に訪れた日は平日でも凄く混んでいました(ハーフ3時間ぐらい)。

1HOLE2,3組は待たされる状態が続いていましたが、タイガー・ウッズが育ったコースゆえの人気でしょう。

距離は全体的に短いですが、戦略性があり飽きの来ない設計になっています。ショートゲームの練習にもなりました。

フェアウェイは広いホールが多く、初心者でも楽しめます。

グリーンは少し早く9フィートぐらい。ジュニアゴルファーの練習にも最適なゴルフ場です。

近くの学生も多く利用していました。

◆まとめ

今回は、タイガー・ウッズゆかりのゴルフ場「ダッドミラーGC」を紹介しました。

パブリックコースなので、予約は予約サイトを通じてだれでも取ることができます。

アメリカの予約サイトは、「golfnow」「Tee off」が一般的です。

予約に難しい英語は必要ないので、ぜひ確認してみてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。