• HOME
  • ブログ
  • 練習
  • ゴルフでくびれができる!ウエストのねじりで飛距離がアップする方法とは

ゴルフでくびれができる!ウエストのねじりで飛距離がアップする方法とは

最近人気がぐぐっと高まっている「ゴルフ女子」ですが、実は密かに「ウエストのくびれができやすい」といわれているのをご存知でしょうか?

ゴルフはスイング動作がとても重要なスポーツ。確かにウエストのくびれには効果がありそうですよね。

そこで今回は、ダイエットしながらゴルフの飛距離もアップしたい女性へ向けて、この2つが期待できる要の筋肉「腹斜筋」の役割と、くびれアップにおすすめのトレーニング方法をご紹介します。

ダイエットと飛距離アップには「ねじれ」が重要

ゴルフではウエストをねじってスイングする動作を行います。この動作が、まさにウエストのくびれアップに効果的です。

この時に重要なのは、「正しいフォームでスイングする」こと。正しいフォームを意識してスイング動作を練習することで、飛距離アップにもウエストのくびれにも効果を発揮します。

通常であれば、脂肪を燃焼するには筋トレと有酸素運動が有効です。しかし、ゴルフのスイング動作はこのトレーニングと同等の効果が得られるとされています。

ゴルフを楽しみながらダイエット効果も期待できるということもあり、女性から人気のスポーツとなっているのです。

ウエストのくびれと飛距離をアップさせるなら「腹斜筋」を鍛えよう!

実際にくびれや飛距離をアップさせるには、「腹斜筋」という筋肉を鍛えることがとても大切です。ここではその腹斜筋について、実際に使われるシーンや鍛えるメリットをご紹介していきます。

腹斜筋とは?

腹斜筋とは、お腹周りを斜めに走っている筋肉で、いわゆる脇腹部分に位置しています。この腹斜筋がしっかりと機能することで、体のねじり動作をサポートするだけでなく綺麗なウエストラインを作ることができます。

また、腹斜筋を始めとする腹筋群を鍛えると、垂れ下がりがちな内臓の位置もぐっと引き上げる効果も。その結果、代謝の促進も期待でき、効率的な脂肪燃焼やダイエット効果アップにつながるのです。

他の部位に比べ、女性のお腹周りの筋肉はつきにくいため、普段から定期的にストレッチやトレーニングをコツコツ続けていくようにしましょう。

ゴルフではこんなシーンで使われる

主にゴルフのスイング動作(ねじる動作)で使われる腹斜筋ですが、その他にもこんなシーンで使われます。

  • カートの乗り降り
  • カップからボールを拾い上げる動作

常に腹斜筋を意識して行動することで消費するカロリーも大きくなります。スイングだけではなく、このようなシーンでもウエストを意識してプレーしましょう。

腹斜筋を鍛えるメリット

ウエストのくびれや飛距離アップに欠かせない腹斜筋ですが、腹斜筋を鍛えることで以下のようなメリットが期待できます。

  • スイング動作全体がなめらかになる
  • スイングスピードとパワーがアップする
  • 飛距離アップにつながる!

ゴルフで飛距離を伸ばすために重要なのは「体のバネ」です。体のバネをうまく利用しながらショットすることで、無駄な力を使わずに飛距離を伸ばすことができますよ。

腕の力だけでショットを打っていては飛距離が伸びづらく、スコアも上がりません。腹斜筋を鍛えて体のバネを利用するようにしましょう。

ダイエットしながら飛距離もアップ!おすすめのトレーニング方法とは

ダイエットや飛距離アップに欠かせない腹斜筋について解説してきました。腹斜筋はゴルフのプレー中だけではなく、普段からの定期的なストレッチやトレーニングが重要な筋肉でもあるのです。

ここではおすすめのトレーニングについてご紹介していきます。

おすすめトレーニング①:座ってできる腹斜筋のストレッチ

①まず椅子に座り、両足を肩幅に開く

②胸の前で両腕を組んだ状態で、息を吐きながら上体をゆっくりひねる

③止まったところでそのまま15秒キープ

※①~③までの動作を左右×2セット

このストレッチは椅子に座ったままできるので、仕事中でも休憩時間などに手軽にできるのがポイント。ストレッチで腰痛にも効果があります。

おすすめトレーニング②:寝たままできる腹斜筋のストレッチ

  1. 仰向けに寝たまま両腕を肩の高さに上げる(肩はきちんと床に付ける)
  2. そのまま右足を上げ、右ひざを直角に曲げる
  3. 息を吐いたまま右足を左に倒していく(この時に肩が床から離れないように注意)
  4. 反対側も同様
  5. 次に右ひざを立てて、頭の後ろで腕を組む(ひじは前に向くように立てた状態に)
  6. そのまま上体を起こし、左ひじを右ひざに付ける(この時に左足は伸ばしたままにしておくのがポイント)
  7. 右ひじも同様

※2〜3セット繰り返す。終わったら大の字になってリラックス。

仕事で疲れている方でも始めやすいこのストレッチ。寝ながらできるので、寝る前の軽いストレッチとして取り入れてみましょう。血行が促進され、睡眠の質も高まりますよ。

ゴルフ女子は腹斜筋トレーニングでくびれ&飛距離アップ!

今回はダイエットしながらゴルフの飛距離もアップしたい女性へ向けて、この2つが期待できる筋肉「腹斜筋」の役割とおすすめのトレーニング方法をご紹介しました。

ゴルフ中だけでなく、日常的にトレーニングやストレッチを取り入れることで、より効果アップが期待できます。ぜひこの記事を参考に、簡単なストレッチから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。