• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • ゴルフのプロテストを受けたい! プロゴルファーになるまでの条件&費用とは?

ゴルフのプロテストを受けたい! プロゴルファーになるまでの条件&費用とは?

「プロゴルファー」と聞くと、高額な優勝賞金を競い合う華やかな世界をイメージする方も多いでしょう。

そんな“プロゴルファー”として認定されるには、プロテストと呼ばれる厳しい審査に合格しなければなりません。

そこでこの記事では、華々しい舞台に立つ第一歩ともいえるプロテストについて、種類や参加条件、気になるお金の話までを丁寧に解説していきます。

ツアープロか、ティーチングプロか

そもそも日本における「プロゴルファー」とは、大きく以下の2種類に分けられます。

  • トーナメントプレイヤー(TP)
  • ティーチングプロ(TCP)

一般的にイメージするような、ツアーに参加して賞金を争う選手は「トーナメントプレイヤー」。

それとは別に、ゴルフを正しく指導することに特化したプロが「ティーチングプロ」と呼ばれます。

それぞれ詳しくみていきましょう。

トーナメントプレイヤーとは?

ツアープロとも呼ばれる「トーナメントプレイヤー」は、テレビ中継などでもよく目にするような、大会(ツアー)に参加して上位入賞をねらうプロゴルファーです。

このプロ資格を持っていなければ大会に参加できない、ということではありません。が、“トーナメント大会の出場に値するスキルを有している”という肩書きとして、多くのゴルファーが取得を目指します。

ティーチングプロとは?

ツアープロとは違い、人に教えることを前提とした知識や技能が認められているのが、「ティーチングプロ」です。

ゴルフの腕前はもちろん、それを指導するコーティング能力などを重視されるのが特徴。優秀なティーチングプロは、トーナメントプレイヤーの指導を任されることもあります。

日本国内では、「ティーチングプロ」の方が割合が多く、レッスンやスクールなどで多くのプロが活躍しています。

プロテストがプロゴルファー(ツアープロ)の登竜門

ツアーで活躍するプロゴルファー(トーナメントプレイヤー)を目指すほとんどの人が、「プロテスト」の壁に挑むことになります。

トーナメントプレイヤーとして認定されるには、

  • アマチュアのままツアー優勝し、プロ宣言する
  • プロテストに合格する

この2つの道しかありません。かつ、前者の方法が適応されるのは非常にまれ。ニュースで大々的に取り上げられるほど、極めてめずらしいルートといえます。

現実的には、ほぼすべての人がプロテストを受験し、参加者の中の上位50位入賞を目指すのです。

男女別 プロテストへの参加条件

ここからは、プロテストに参加するための条件を男女別でみていきましょう。

まず大前提として、男子と女子とでは認定に係る組織が異なります。

  • 男子ゴルファーの資格認定:日本プロゴルフ協会(PGA)
  • 女性ゴルファーの資格認定:日本女子プロゴルフ協会(LPGA)

よって、それぞれの協会が定める基準に基づいて、参加条件やプロ認定がなされています。

男子:PGA資格認定プロテスト

  • 参加条件:申し込み年度中に16歳以上の男性者
  • プレ予選~最終プロテストまでの計4段階
  • 最終プロテストにおける上位50位タイの人までが合格

男子プロの場合、参加条件は年齢のみで誰でもテストへの参加が可能です。

各段階における成績上位者が次のステップへ進み、各段階で予選免除者(アマチュア大会上位者、ゴルフ関連団体推薦者など)が加わりながら進行していきます。

その道のりは険しく、ゴールは狭き門。プロテストの合格率は5~9%ほどといわれています。

女子:LPGAプロテスト

  • 参加条件:最終プロテスト開催年度の4月2日時点で満17歳以上
  • JGA/USGA HDCP Index5.0以下程度の実力を有する者を推奨
  • 1次予選~最終プロテストまでの計3段階
  • 最終プロテストにおける上位20位タイまでが合格

男子に比べ、女子ではプレ予選がなく3段階のみ。合格者も20名と男子の半分以下になります。

一見すると厳しそうに感じますが、女子の方が受験者が少ない傾向があり、最終的な合格率にはそれほど大きな差はありません。

プロテスト合格に必要な費用とは?

プロテストの合格を目指すには、ゴルフ技術だけでなく「お金」が欠かせません。

受験、合格、その後まで。長きにわたり、まとまった費用が必要となるのがゴルフ界の特徴です。

参考までに、必ず必要となる費用をまとめたものが、以下の通り。

  • プレ予選の受験料:54,000円
  • 1次予選、2次予選、最終プロテストの受験料:各75,600円
  • プロゴルフ協会への入会金:460,000円
  • 年会費:420,000円

このほか、予選会場への交通費や宿泊費なども必要です。プロゴルファーになるためには、ざっと100万円以上の費用がかかることに。

もちろん、プロに合格後、賞金を稼げるようになればあっという間に元は取れるでしょう。

しかしそれもほんの一握りの選手のみ。プロゴルファーとして華々しく活躍するには、相応のお金と技術、精神力、運など、さまざまな要素が求められるといえます。

プロテスト合格の喜びと感動は計り知れない

本記事では、プロゴルファーの登竜門となる「プロテスト」について解説してきました。

厳しいテスト内容や合格率、高額な費用面など、心が折れそうになるような情報も多かったでしょう。

しかし、だからこそ、つかみ取ったプロテスト合格の喜びは計り知れません。

どんな世界でもプロの道は、厳しく険しいもの。その中で成功するからこそ、華々しい舞台で活躍する一流として名を連ね、私たちに感動を与えてくれるのでしょう。

プロゴルファーへの夢へ向け、精一杯のエールを送ります!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。