• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • 【プロキャディ出口のゴルフ講座】HITACHI スリーツアーズチャンピオンシップを振り返って

【プロキャディ出口のゴルフ講座】HITACHI スリーツアーズチャンピオンシップを振り返って

プロキャディの出口です。

ゴルフトリガーをご覧のみなさま、あけましておめでとうございます。

今回の記事では、昨年のツアー日程終了後に行われた1年を締めくくるチャリティー大会「 HITACHI 3 Tours Championship 」で感じたことを書かせていただきます!

本気のチーム編成で勝負!

2019年のHITACHI 3 Tours ChampionshipのJGTOチームは本気のチーム編成で臨みました‼

チーム編成の基準はとてもシンプルで、純粋に賞金ランキング順で決まりました。


今回こうした理由は実にシンプルなもので2018年の3 Tours ChampionshipでJGTOチームが最下位に終わってしまった事が大きなモチベーションである事は間違いありません‼

今年活躍した強者を集めて臨みました‼

JGTOチームメンバーを紹介させて頂きますと、

まず1人目 石川遼プロ
2019年は日本プロ、セガサミーカップ、JTカップと3勝をあげ最年少生涯獲得賞金10億円突破の記録も達成しました。

2人目 今平周吾プロ
2年連続賞金王に輝き、抜群の安定感に勝負強さが加わりもはや国内では敵無し状態、2019年は国内複数回優勝も達成し来年の海外挑戦も楽しみです。

3人目 堀川未来夢プロ
自身の初優勝がメジャーという抜群の勝負強さを発揮し、2019年は全米、全英、WGCシリーズなど海外での経験も多く積んでいる選手で、私個人としてはあまり優勝争いをしたくない選手の1人です。

4人目 パク・サンヒョンプロ
安定のショット力に加え勝負のかかったパッティングは神がかったものがあります。
今年フジサンケイクラシックを優勝したのも納得のパーフェクトプレーヤーです。

5人目 チャン・キムプロ
ケガによる1年間の休養を経てツアーに復帰した今年は日本オープン優勝‼ 世界ランキングも63位まで上げ来年はマスターズも狙えるJGTOチームの秘密兵器的存在。
今回の大会も私がコンビを組む選手です。

6人目 ハン・ジュンゴンプロ
抜群のショット力を武器に今年マイナビABCで優勝し、2019年の賞金ランキングは自身最高位の5位に輝きました。

そしてJGTOチームにはどうしても優勝したい1つの思いがありました。

それは、ハン・ジュンゴンプロが来年から兵役の為2年の間ツアーを離れてしまうからです。ハンプロが兵役に行く前の最後の試合になる今大会で優勝しハンプロを笑顔で送り出したいという思いがJGTOチームの大きなモチベーションになりました。

3Tours Championshipの競技方法は各ツアー2人1組のチーム戦で行われ前半の9ホールはフォアボール方式(それぞれのボールでプレーし良い方のスコアを記録)、後半の9ホールはフォアサム方式(2人で1つのボールを交互に打った記録)で行われました。

対するPGAチーム、LPGAチームも過去最強と言って良いほどの選手が集まっていて勝負はかなりの接戦になる事は間違いありません。

試合の行く末は……

試合が始まると大方の予想通り、1打のミスが各チームの順位に大きく影響を及ぼす展開になりました。

私がコンビを組むチャンプロは前半の9ホールは石川遼プロと、後半の9ホールは堀川未来夢プロとチームを組みます。

今までであればJGTOチームが飛距離を武器にPAR5のホールでバーディーもしくはイーグルを奪い試合を優位に進めていく展開なんですが、低い気温とPGA、LPGAチームの粘りもあり優位に進めて行く事ができません。

JGTOチームも健闘はしているのですがPGAチームの経験豊富な技術、LPGAチームのミスをリカバリーしながらチャンスが来ればものにしていくチームワークに終始圧倒されている部分がありました。

特に後半に対戦した上田桃子プロ、小祝さくらプロチームは普段のトーナメントでも一緒に練習ラウンドをしていることもありキャディーさんも含めてとても素晴らしいチームだったと思います‼

結果はご存知の方もいらっしゃると思いますが、LPGAチームが圧勝の展開になりました。

テレビの放送などを見ていると全選手が和かにプレーしていて、ツアー最後のお祭りの様な雰囲気もありますが、実際には100%本気のプレーで大会前には普段のトーナメントの様に練習ラウンドやコースチェックも行うんです。

やはりそこには“負けたくない”という思いが選手はもちろんですが各団体の大会関係者全員にあると思います‼

今年は優勝して昨年のリベンジそして一時ツアーを撤退するハン・ジュンゴンプロを笑顔で送り出すという目標は達成できませんでしたが来年こそは優勝したいという気持ちでいます‼

最後になりますが真剣勝負って本当に楽しいですね‼

出口慎一郎

ツアープロキャディー。杉澤伸章氏の元で修行を積んだのち、片山晋呉、星野陸也などを始めとするトッププレーヤーのキャディとして活躍。スポーツメンタルトレーナーの資格を持ち、現在は脳科学も勉強中。多彩な経験を生かし、ライターとしても活動の幅を広げている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。