ゴルフ前夜に眠れない時の対処法「連想睡眠法」を習得しよう!

次の日のラウンドが楽しみなあまり、布団の中で目が覚めてしまいなかなか寝付けなくなってしまうことはありませんか? 

かくいう私も、ゴルフの前日はいつも目が冴えてしまいなかなか寝付くことができません……。

ですが今回紹介する

連想睡眠法

を習得すれば誰でも簡単に、そして短時間で寝付くことができます

ゴルフに限らず、旅行や大事な仕事の前日には効果てきめんです!ぜひ皆さんも覚えてみてください。

ベットに入っても寝付けないのは思考の連鎖が止まらないから!

ゴルフ前夜にワクワクして寝られなかったりする原因は思考の連鎖。

連鎖というとわかりづらいですね……。頭の中で連想ゲームが起きているといったほうがわかりやすいでしょうか?

翌日のゴルフウェアは何を着ていこうかな?

お気に入りのウェアをきて行こう!

あっ!でも明日は少し冷えるって天気予報でやっていたな・・・。

長袖のウェア必要だな。

ジャックバニーの新作ウェア可愛かったな〜。

新しいウェア欲しいけど今月お小遣いかつかつだしな・・・。

給与もっと欲しいな・・・。

転職しようかな・・・。

などなど上記のように考えが頭の中を巡り始めます

思考の連想ゲームのちょっとややこしいところは、めちゃくちゃ疲れてベットに倒れてバタンキュの時以外は無意識に連想ゲームが始まってしまうということです。

連想ゲームが始めると色々と考え込んでしまい交感神経が優位に働き、目が冴えてしまいます。

寝付きが悪い、すぐに寝付きたいという人はこの連想ゲームを強制的に止めましょう!

そんなことができるのか・・・。 できます!!

連想ゲームを強制的にシャットアウト!

無意識に起こる連想ゲームを止める方法はいたって簡単!

特別な準備は一切必要ありません。ベットの上で実践するだけです。

この方法を実践するだけで誰でも簡単に入眠することができます。

※入眠の速さと睡眠質は別問題です。入眠が早くても睡眠の質を向上させなければ慢性的な睡眠不足となってしまうので注意してください。

◆連想睡眠法(実践編)

これは2017年にアメリカの研究機関から発表された方法です。この方法を実践すればベットの上で無意識に始まる連想ゲームを止めることができます。

連想睡眠法はとっっっても簡単な方法です!

  1. 好きな英単語を1つあげる
    今回は『GOLF』にしてみましょう。
  2. 『GOLF』の“G”から順番に、“G”から始まる固有名詞の単語とその固有名詞の絵を頭の中で思い浮かべます。
    gorilla⇨ゴリラの絵を浮かべる
  3. “gorilla”以外に“G”から始まる単語を思い浮かべ、“G”から始まる単語を出し尽くすします。
    grandpa⇨おじいちゃんの絵を思い浮かべる
    green⇨緑の絵を思い浮かべる⇨同じように他の言葉を思いだしていく・・・
  4. “G”から始まる単語を出し尽くしたら、次は“O”から始まる単語で同じことを繰り返す。
  5. “O”が終わったら、“L”。“L”が終わったら“F”というように続けていきます。

連想する単語のポイントはできるだけ関係ない単語を選ぶことです。上記の方法で実践することで頭の中の連想ゲームが成立しなくなります。

連想ゲームが成立しないと脳は混乱しシャットダウンしようとします。そのタイミングが入眠です。

僕も寝付けない時は試しますが、ほぼ100%の確率で1文字目か2文字目の途中で寝てしまいます。3文字目まで行ければかなりの強者です。

羊を数えて寝られるのは英語圏の人だけ!?

眠れない時の対処法として有名なのが、羊の数を数える方法ですね!これは実は二品人にはほとんど効果がないと言われています。

この方法は英語圏の国で生まれたもので、羊は英語でsheep(シープ)、寝るは英語でsleep(スリープ)とよく似ています。

英語で羊を意味するsheep(シープ)をたくさん頭の中で、脳が錯覚して自己暗示的な効果を発揮し、寝付くことができるという言い伝えです。

僕ら日本人が、羊が…、羊が…、羊が…といっても“寝る”ことと全く関係がないので全く効果なし。通りで子供の頃からこの方法を使っても寝付けた試しがないわけです(笑)。

まとめ

上記で紹介させてもらった方法は脳科学の観点から証明されている方法です!

翌日のゴルフが楽しみすぎて眠れないという方は、ぜひ一度試してみてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。