• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • プロのゴルファーで左利きの割合はどのくらい?左打ち(レフティー)のメリットやデメリット・練習方法総まとめ

プロのゴルファーで左利きの割合はどのくらい?左打ち(レフティー)のメリットやデメリット・練習方法総まとめ

世界的にも割合が少ない左利きですが、ゴルフの世界ではさらに、左打ち(レフティー)が少ないように感じます。実際のところ、プロのゴルファーで左利きの選手はどのくらいいるのでしょうか。

今回は、ゴルフの左打ちについて、以下の内容を解説していきます。

  • 左利き・右打ちの選手が多い理由
  • 左打ちのメリット
  • 左利き(レフティー)のプロゴルファー

「左利きではゴルフができないの?」と疑問に思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

左利き・右打ちの選手が多いのはなぜ?

世界の左利きの人口は約10%とされていますが、ゴルフの世界ではさらに左利きが少なくなっています。中には「左利きだけど、ショットは右打ち」というゴルファーも。

左利き・右打ちの選手が多いのには、こんな理由があります。

  • 左打ち用のゴルフグッズが少ない
  • 左打ちの練習環境が整っていない
  • 参考になるゴルファーやハウツー本が少ない

このような理由から、「左利きでも右打ちで練習する」というパターンが多くなっているのです。

最近では、昔に比べて左打ち用のグッズも増えてきましたが、ゴルフ場は右打ちメインで作られているため、左打ちの打席が用意されていないことも珍しくありません。

また、左打ちの選手がごく少数なため、参考になるハウツー本が見つけにくいのも難点。

ゴルフを始める人にとって、右打ちの方が環境が整っているという現状が背景にあるのです。

左打ち(レフティー)のメリット

左打ちよりも右打ちのゴルファーが多い理由について、詳しく解説してきました。では、左打ちのメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

①スイングが安定しやすい

左打ち(レフティー)の人は、普段から左利きで生活している分、左利きで右打ちの人よりもスイングが安定しやすいのがメリットです。

その他にもスライスになりにくい、打ちたい方向を狙いやすいなど、左打ち(レフティー)のメリットはたくさんあります。

中には、「右打ちを練習してみたけれど身につかなかった」という声もあり、左利きの人が全員、右打ちを習得できるわけではないようです。

②練習場が空いている可能性が高い

ゴルフ練習場には、左打ち用の打席も用意されています。しかし、左打ちの人口が少ない分、いつ行っても空いている可能性が高いのもメリットの1つです。

自分の都合に合わせて気軽に練習しやすいのがうれしいですね。

③ゴルフ盗難の被害が少ない

ゴルファーの多くが頭を悩ませているクラブの盗難問題。高価なクラブや人気のクラブほど盗難の被害に遭いやすく、実際にクラブを盗まれた経験のある方も多いのではないでしょうか。

お気に入りのクラブや思い出の詰まったクラブが盗まれると、とても辛いもの。ゴルファーたちは盗難防止にさまざまな対策をとっています。

しかし、左打ち(レフティー)のクラブは、利用人口が少なく需要も低いためか、盗難に遭いにくくなっています。それでも、盗難に遭う可能性は0%ではないため、自分のクラブはしっかり管理するようにしましょう。

④話題になりやすい

左打ち(レフティー)は人口が少ない分、コンペなどでも珍しい存在です。話題になりやすいため、会話のきっかけになることも少なくありません。

また、SNSなどで左打ち同士で仲良くなりやすいのもメリットの1つです。いろんな人と交流したい方は、ぜひ左打ちに挑戦してみてはいかがでしょうか。

左打ち(レフティー)のプロゴルファーは?

左打ち(レフティー)のプロゴルファーは、ゴルフ人口の約3%ともいわれていますが、最近では左打ち(レフティー)の選手が増えています。

ここでは左打ち(レフティー)のプロゴルファーについて見ていきましょう。

◆フィル・ミケルソン

左打ち(レフティー)のプロゴルファーといえばこの人。身長190cm以上ある長身のゴルファーで「ビッグ・レフティ」と呼ばれ、親しまれていました。

2004年にマスターズ・トーナメントでメジャー大会初優勝を飾り、左打ちのプロゴルファーとして最も有名な選手の1人です。

驚くべきことに、彼自身は右利き・左打ちの選手。幼い頃から左打ちで練習していたため、左打ちの選手となったそうです。

2004年以来、全英オープン優勝、PGA選手権優勝といったさまざまな大会で成績を残し、生涯獲得賞金ランキング歴代2位の記録を持ってます。

◆バッバ・ワトソン

フィル・ミケルソン選手とともに左打ちの選手として知られているバッバ・ワトソン選手。「飛ばし屋」と呼ばれるほどの飛距離を誇り、ドライバーの平均飛距離が315ヤードを超えています(2007年)。

独特のスイングが特徴で、「曲げて攻める」を得意としている選手です。2010年のトラベラーズ選手権で初優勝を飾り、その後2012年のマスターズで初タイトルを手に入れています。

◆羽川豊

日本人プロの左打ちの選手といえば、羽川豊選手。専修大学在学中に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝、翌年には当時のプロテスト新記録を樹立して合格するなど、今後の活躍が期待された選手の1人です。

しかし、本人は長年イップスに悩まされ、大会への出場数が多くありません。

2008年にイップスを克服し、シニアツアーに参加。2011年にシニアツアー初優勝を飾るのです。現在では、ゴルフ中継解説者として活躍しており、会員制ゴルフ教室なども主催しています。

まとめ

今回は、ゴルフの左打ち(レフティー)について、以下の内容を解説しました。

  • 左利き・右打ちの選手が多い理由
  • 左打ちのメリット
  • 左利き(レフティー)のプロゴルファー

デメリットが多いように思える左打ち(レフティー)ですが、普段から左利きの人にとっては、スイングしやすいといったメリットもあります。

「左利きはゴルフができない」というわけではないので、ぜひ自分のプレーしやすい打ち方を模索してみましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。