女性ゴルファー必見!飛距離をロスをしないための考え方

女性ゴルファーにとっての一番の悩みといえば、なんといっても飛距離ではないでしょうか。

ドライバーにしろアイアンにしろ、男性ゴルファーに比べればその飛距離差は歴然です。

ということで、今回は女性ゴルファーの皆さんが少しでも飛距離のロスをしないための考え方についてのお話です。

ダフリはダメ!トップはOK!

ゴルフでの典型的なミスショットといえば、ダフリとトップ。

ラウンドではどちらも致命的なミスにつながるので、できるだけ避けたいところ…。

なんですが、女性ゴルファーにとってはトップボールはミスショットだととらえなくてもいいと思うんです。

ティーショットやセカンドショットで多少左右に曲がるようなトップボールが出たとしても、男性のようにOBゾーンまで転がっていくようなこともほとんどないはずです。

そして、トップしたボールはけっこう転がってくれるので、通常のショットとあまり変わらないくらい、転がり具合によってはもっと飛距離が稼げることもあるのではないでしょうか。

そうなんです。

トップボールというのはグリーン周りではない限りは、ミスショットというよりも、飛距離を稼いでくれる手段のひとつだと考えればいいのです。

一方で、絶対に避けるべきはダフリのミス。

ダフリの何がいけないかというと、飛距離がまるで稼げないこと。

特に飛距離にハンディのある女性ゴルファーの場合は致命的なミスだといえるでしょう。

ですから、女性ゴルファーの皆さんはショット全般において、まずはダフリのミスをにしないことを第一に考えましょう。

そしてトップはミスだとはとらえずに、『グリーンに近づけることができた』とポジティブに考えましょう。

ちなみに筆者は男性ですが、残り130ヤードからトップボールを打ってしまいましたが、ボールはそのまま転がって、グリーンにナイスオン!なんてことがありましたよ。

このようにトップボールはグリーンに乗ることがあっても、ダフったボールはグリーンに乗ることはないわけですからね。

ダフりのミスを避けるには?

では、ダフリのミスを避けるにはどうしたらいいのでしょうか。

まずはショットの際にボールのどの部分にクラブを当てにいくかを考えましょう。

結論からいうとショットの際はボールの真ん中(赤道部分)やや下をめがけてクラブフェースを当てにいくことです。

『そんなに高いところに当てたらトップしてしまうかも…。』

ちょっと待ってください。

先ほど言ったようにトップのミスは恐れる必要はないのです。

とにかく“トップは悪いもの”という考え方を排除しましょう。

それに細かい話をすれば、ゴルフのショットというのはボールをバックスピンさせて、それからの空気抵抗によってボールが上がり、目標に向かって飛んでいくわけです。

ボールの赤道部分より下にクラブが入りさえすればトップするどころか、ボールをクリーンヒットできるのです。

ですから最初からボールの赤道付近を狙っていけば、ボールをクリーンにとらえやすくなるし、悪くてもトップボールになるというわけです。

逆にしっかりとらえようとしてボールの下端にクラブを入れにいったほうが逆効果。

ダフリのミスを誘発しやすくなってしまいますからご注意を!

ウッド系クラブを活用しよう!

飛距離にハンディがある女性ゴルファーの強い味方となるのがフェアウェイウッドやユーティリティーといったウッド系のクラブです。

アイアンに比べたら飛距離を稼ぎやすいですし、何よりソール(クラブヘッドの下の部分)が広いので、多少手前にクラブが入っても、ソールが芝の上を滑ってくれるので、ダフらずにボールをとらえてくれます。

ただ気をつけたいのは飛ばそうとして力んでしまうこと。

力んでボールの上端を叩いてしまってのチョロ、もしくは打ち込み過ぎてボールの手前を思いっきりたたきつけてのダフリのミスが起こりやすくなるので、十分に注意しましょう。

フェアウェイウッドやユーティリティーをうまく打つためには、とにかくコンパクトなスイングをすること。

ウッド系のクラブは元々飛距離性能が高いので、ハーフスイングで打ったとしても、フルショットの8割くらいは楽に飛ばせます

またシャフトが長いので、短めに握るのもいいかもしれません。

短めに握ると飛距離を落としそうですが、これもハーフスイングと同じで、多少短く握ってもそんなに飛距離は落ちません。

むしろアマチュアの場合は、ミート率が上がるぶん飛距離が伸びることもあるくらいです。

クラブの性能を信じてコンパクトなスイングを心掛けて、どんどん飛距離を稼いでいきましょう。

扱いやすさを考えると、最初は7番ウッド、9番ウッド、ユーティリティーあたりをセッティングするといいと思いますよ。

まとめ

女子にとってトップは大きなミスではないと考えると、ゴルフが少し楽になりますよ。

ラウンドでは飛距離をロスしない考え方をしっかり持って、果敢にグリーンを狙っていくようにしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。