• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • コースデビューで!接待ゴルフで! みんながやったゴルフの「失敗あるある集」

コースデビューで!接待ゴルフで! みんながやったゴルフの「失敗あるある集」

 

突然ですが、あなたは初めてコースに出た日のことを覚えていますか?

 緊張して、今では考えられないような失敗をしてしまった記憶がある方も多いのでは。

 初めてコースに出る人のことを笑っている自分も、昔はそんな失敗していたな…と思い出
すこともあるかと思います。
 
 そこでこの記事では、みんながしてしまった失敗「あるある」を見ていきましょう!

 これから初めてコースに出る方、接待ゴルフを控えている方はこの失敗あるある談を読ん
で、失敗しないように気を付けてみてください。

 

コース初心者あるあるの失敗談

・空振りばかりで楽しめなかった。

・打ちっぱなしと違い緊張して細切れショットばかりに…。

 この二つ、初心者にとっては辛い「あるある」ですよね。

 思い切って振ったら空振りしてしまったときの恥ずかしさは計り知れません…。でも、空
振りは誰しもが通る道です!初心者だから、失敗してもいいんです。次のショットを成功
させるための勉強だと思いましょう!

 あまり距離が出ず、細切れショットが続いて自分ばかり打っている感じになってしまうの
もかえって焦ってしまいますよね…。

 打ちっぱなしだったら上手くいくのに、と思いながらプレーしているとつまらなくなって
しまいます!ここは思い切り振ってみましょう!緊張も吹っ切ることができるかもしれま
せんよ!

・当たったのに見当違いの方に飛んでいってしまった。

・ボールをさがしてばっかりだった。

・何個もボールを失くしてしまった…

 これも初心者にはありがちですね。打ったボールを目で追えていなかったために、ずっとボー
ル探しをするハメになってしまったり、結局見つからずに何個も失くしてしまったり。

 失くす前提で多めにボールを持っていったり、自分のショットはしっかり目で追うのを忘
れないでくださいね。

・ティーショットの順番を間違えた。

・緊張から、ラインを踏んでしまいマナー違反に。

・コースレイアウトを勘違いし、ピンとはまったく違う方向に打ってしまった。

 緊張していて、順番を間違えてショットしてしまう方も多いです。
 焦らず、慌てす、周りを見ながら行動しましょうね!もし頭が真っ白になってしまったら
、一緒に回っている方に「次誰でしたっけ?」とたずねて、順番間違いのミスは無くしま
しょう!

緊張のあまり見えていなかった…、気が緩んで意識して見ていなかったため、ラインを踏んでしまったり、ボールを踏んでしまったことがある人もいるようです。気を抜かず、一緒に居る人たちに不快感を与えないように注意しましょう。

コースの形状勘違いで、間違った方向に打ってしまう…これも恥ずかしいですね。打つ前
に誰も言ってくれなかったのも悲しいですね…

・練習場だけ通っていたので、コースでマナーが違うのを知らなかった

 グリーンを小走りで移動してしまったり、静かにしていなければいけないのに大きな声で
おしゃべりしてしまったり…。最低限のマナーは覚えていかないと、周りの人を不快にさ
せてしまうし、イライラさせてしまうことも。

 楽しくゴルフをするために、マナーは必要不可欠です!注意されていい気持ちの人もいま
せんし、注意する側にも気を使わせてしまいます。

 自分たちだけがコースに居るわけではないので、前後のグループに対しても配慮が必要に
なります。打ちっぱなしだけではなく、コースに出たことのある人から話を聞いたり、ネ
ットでマナーを学んだりしておきましょう。

・季節によってボールの跳ね方が変わる

 冬になると、グリーンが凍っていて思った通りに行かない事が増えてきます。
良い所に飛んだ!と喜んでいたら、凍ったグリーンによって跳ねて転がっていってしまう
ボール…。

 これ、経験者は多いはずです。冬は自分が思った通りに進みません!
 でも、これを言い訳に言ってしまうのは格好悪いので止めておきましょう。慣れでどうに
かなるものではないし、冬はこんなもの!と割り切ってプレーしましょう。

・クラブの置き忘れ

 緊張も解けてきて、いい感じにプレーした後に浮かれてクラブを置いたまま移動してしま
う方が多いようです。 一緒に回っている方が忘れ物を確認してくださる場合もありますが、自分のものはしっか
り管理しましょう。
 置き忘れに気づいたときは、カート道路の逆走などはせず、ゴルフ場のスタッフへ連絡し
ましょう。取りに戻るのは遅延の元ですし、後続の方たちにも迷惑が掛かってしまうので絶対にやめ
ましょう。

失敗あるある~接待ゴルフ編~

 接待ゴルフには、接待ゴルフ特有の失敗が。まだ経験したことがない人は、同じ轍を踏まないように気をつけましょう。

・手土産品に冷蔵品や賞味期限の近い物を持っていってしまった。

 プレー中、冷蔵品の保管場所に困りますし、ご家族も食べられるようにと選んだお菓子の
賞味期限が近いとかえって迷惑になってしまう事もありますので、冷蔵品は避け、菓子折
りなら日持ちするものを手土産に渡しましょう。

ご本人向けなら、ゴルフ用品も喜ばれますよ!

・気遣いのつもりで「ナイスショット!」と声をかけたが怒られてしまった。

 どんなショットにも「ナイス!」と言えばいいわけではありません。気遣いのつもりが、
打ったら適当に声をかけてると思われてしまいます。

 気遣いは大切ですが、過剰になりすぎてしまうと帰って取引先の人にイヤな思いをさせて
しまうので注意しましょう。

 
 
 いかがでしたか? ゴルフはプレー、マナー両方で考えることが多いですから、失敗して
しまった!という経験は誰しもあるはずです。特に初心者のうちの失敗は、後には笑い話
になりますから、気にしすぎないことも大事かもしれませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。