スコア100切り、110切りを目指す際のスコアカードのつけ方

せっかくゴルフをプレーするなら、良いスコアでまわりたいですよね。

そしてゴルフをはじめて間もない皆さんはスコア110切りや100切りを目指して練習に励んでいるのではないでしょうか。

今回はそんな皆さんにスコアカードのつけ方をご紹介したいと思います。

実は、スコアカードのつけ方ひとつで、スコアに対するプレッシャーを減らし、スコアアップにつなげることができるのです。

記入の仕方ひとつで、プレッシャーがかかりにくくなったりするものなのですよ。

スコア100切りや110切りにパーは要らない!

皆さんご存じのとおり、ゴルフは18ホールをプレーし、いかに少ない打数でホールアウトをできるかを競う競技です。

そして18ホールはパー72で設定されていることがほとんどです。

(稀にパー71や73なんかの設定になっているゴルフ場もあります。)

ただ、この『パー72』というワードが曲者でして…。

いざプレーをはじめると、ほとんどの人は各ホールでパーを狙いにいきます。

しかし冷静に考えると、18ホールすべてでパーだとスコアは72。

すべてボギーでスコア90、すべてダボ(ダブルボギー)でも108なのです。

そうです。

仮に18ホールでパーを1つも取れなくても、100切りは十分に可能なのです。

さらに理論上はすべてのホールでダボでもスコア110切りは十分に達成可能なのです。

スコア100や110を目指すのであれば、まずはパーを取ることよりもボギーやダブルボギーを積み重ねることを考えていくべきなのです。

『パー90』の設定でプレーをする

スコア100切りや110切りにパーは必要ないとは言ったものの、プレーヤー心理としては、やはりどうしてもパーを取れずにボギーになってしまうと、いい気分はしませんし、「パーを取りたい!」という欲に駆られてしまいます。

そしてパーを狙って無理をすることでトリプルボギーやダブルパーといった大叩きになってしまうわけです。

パー5のティショットで距離を稼ごうとしてOBを打ってしまう、深いラフや傾斜のきついところから無理やりグリーンを狙ってのミスショット…。

誰にでも身に覚えのある苦い経験ですね。

そこでなんですが、その心理を逆手に取ることで、自信を余計なプレッシャーから解放することを考えてみてはいかがでしょうか。

一番お勧めしたいのが、本来はボギーのスコアをパーに見立てて、『パー90』の設定にするということ。

自分の中でパー4なら5打、パー5は6打、パー3は4打でパーだと変換するのです。

たとえばパー4で5打で上がったとして、これがボギーと思うのかパーと思うのかでは、テンションがかなり変わってくると思いませんか。

さらに6打費やした時に、これがダボなのとボギーなのでは、心理的な差は歴然です。

ゴルフはメンタルにされやすいスポーツです。

『パー90』の設定をうまく活用することで、心に余裕を持ってプレーに挑みましょう。

スコアカードも『パー90』設定に書き換える!

そしてここからが本題です。

心の中で『パー90』だと思っていても、スコアカードに記入するときに、どうしても我に返ってしまいやすいのも事実です。

そこで『パー90』の設定でプレーをするためにスコアカードにも一工夫加えましょう。

ゴルフをプレーする際にはスコアカードを記入していくかと思いますが、スコアカードにはスコア記入欄の隣にパー4なら『4』、パー5は『5』、パー3は『3』というふうに、数字が記載されているかと思います。

これをすべて1つ数を足した数字に書き換えるのです。

(パー4は『5』、パー5は『6』、パー3は『4』といった具合です。)

これでパー4ぼホールはパー5、パー5とパー3はそれぞれパー6とパー4となります。

スコアカードの数字を書き換えることで、心の中だけでなく、視覚的にも『パー90』にしてしまうということですね。

あとは、それぞれのホールで書き換えた数字の打数で上がることを目標にプレーをしていきましょう。

たかがスコアカードを書き換えるだけだと思ってしまうかもしれませんが、これだけでかなり気持ちがらくになります。

そしてなによりもプレー中に冷静さを保つ効果もあると思うんです。

例えばパー4のティショットを大きく曲げたときのセカンドショット。

普通なら多少無理をしてでもグリーンを狙いに行きたくなるところですが、これが5打でパーだとしたら…。

セカンドショットで直接グリーンを狙わずに、3打目勝負を選択しますよね。

スコア110切りも『パー90』の設定に

いかがでしたか?

スコア100切りや110切りを目指すなら、18ホールをパー72ではなく、『パー90』だと考えて、それに合わせてスコアカードを書き換えてからプレーしてみましょう。

「それなら、スコア110切りは『パー108』で設定してもいいんじゃない?」

確かにダボペースの『パー108』でもスコア110を切れますが、あまりお勧めできません。

『パー108』だと、スコア110に対して2打しか余裕がありませんし、なによりもスコア110切りは通過点に過ぎません。

スコア110切りを目指している人も、あくまでもスコア100切りを念頭に置いて、『パー90』の設定でスコアカードを書き換えるようにするべきだと思います。

スコアカードの記入の仕方でスコアが変わる!

気になった方は、次回のラウンドから、さっそく実践してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。