【スコア激減】3パットを減らすために気を付けたいポイントとは

ゴルフを長く続ける、またスコアメイクを意識するにつれてその重要度を痛感するのががパッティングではないでしょうか。

初心者のうちはショットのミスがたくさん出ますので、パットのミスはあまり気になりませんが、スコア110切りや100切りを目指すころになると、

『あんなに短いパットを外してしまった』

『距離感がどうしても合わない』

といったパッティングの悩みが大きくなってきます。

ゴルフの特徴はドライバーショットのように距離のあるショットだろうがわずか数十cmのショートパットでも同じ1打です。

そう考えると無駄なパットでの3パットを減らすことができれば、パッティングの悩みもスコアメイクの悩みも一石二鳥で解決できるはずですよ!

◆3パットはなくすものではなく“減らすもの”

ゴルフをプレーする人なら“3パット”という言葉はみんな嫌いだと思います。

そこで誰しもが3パットをなくそうと思うわけですが、ここで考えて欲しいのは3パットは必ずしも0にする必要はないということです。

実際に20mくらいの超ロングパットや下り傾斜のきついパットなんかは3パットになる可能性は非常に高いわけですし、これらの場合はパッティングどうこうよりその前のショットを反省すべきです。

それにプロゴルファーだって常に3パットが0なんていう人は絶対にいないわけです。

つまり3パットというのはゴルフをプレーするうえで完全になくすことは不可能だということです。

そこで今一度考えていただきたいのは3パットを“減らす”ということ。

3パットの内容を、

  • 仕方のない3パット
  • 無駄な3パット

に分けて、後者の“無駄な3パット”を少しでも減らすかというのを意識するべきなのです。

それではこの“無駄な3パット”とはなにか。

いろいろあるとは思いますが、大まかにいうと、

  • 短い返しのショートパットをしょっちゅう外す
  • ファーストパットの距離感が合わずに長めのセカンドパットが残ってしまう

というのが2大原因かなと思います。

この2大原因を克服することこそが3パットを減らしていくための最短ルートとなるのです。

◆1m前後のショートパットを集中的に練習する

パッティングが苦手な人、3パットが多い人の傾向としては、まず圧倒的に練習量が少ないことが挙げられます。

ゴルフ練習場に行っても打席でショットの練習しかしない、ラウンド前もパター練習場でほとんど練習しない…これではいつまでたってもパッティングの技術は向上するはずがありません。

まずは練習する機会を積極的に作りましょう。

実はパッティングの練習はショットの練習よりもその頻度を上げられます。

パッティングはショットのように専用の練習場のような広いスペースは必要ありませんから、自宅のほんの少しのスペースがあれば練習が可能です。

(自宅だったら毎日でも練習できますよね。)

でも自宅じゃロングパットの練習はできないし…。

たしかにそうなんですよね。

しかしそれはそれで問題ありません。

というのも自宅でのパッティング練習ではショートパットを重点的に行ってほしいからなんです。

というのもパットが苦手で3パットが減らない人というのはショートパットの取りこぼしが非常に多いのです。

さらにショートパットが入らなくなると、ファーストパットを少しでもカップに近づけようとして余計に距離感が合わなくなるという悪循環に陥ってしまうケースも多いですよね。

ですからまずはショートパットを重点的に練習することが非常に大事です。

具体的な距離は1~1.5mの距離を練習すれば十分です。

(理論上2mのパットは4回に1回入れば十分というくらい難しいものなのです。)

初心者でもある程度の練習をこなせば1mの距離は5回中4回、1.5mの距離は2回に1回はカップインできるようになると思います。

まずはこれを目安にショートパットの練習を実践してみてください。

これだけでも3パットの数はかなり減らせるはずです。

◆まずは5歩と10歩の距離感をつくる!

あとはファーストパットの距離感をなかなか作れないという皆さんも多いかもしれませんね。

先ほども申しましたように、2mの距離を残してしまうと3パットの確率はぐんと上がります。

そう考えるとファーストパットを1m前後につけられると2パットが見えてくることになります。

これを前提にしてまずはカップから10歩くらいの距離のパットをカップから1m前後に寄せられることを目標にしましょう。

(10歩以上距離は3パットでも仕方がないと潔く考えを切り替えます。)

そしてカップから10歩以内の距離感を作っていくわけですが、その際に有効なのが5歩と10歩の2つの距離感を作ることです。

この2つの距離感の軸ができると、その中間が7~8歩、5歩の距離感の半分を打つ感覚で2~3歩の距離感というように芋づる式に距離感がつかめるようになってきます。

ラウンド前のパッティング練習でもこの2つの距離感をつかんでおけば、ラウンド中もかなり有効だと思います。

セカンドパットのストレスをなくして3パットを激減させるためにもまずは5歩と

10歩の距離感づくりを重点的に練習に取り入れてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。