• HOME
  • ブログ
  • 初心者
  • ゴルフのローカルルールって? よく使われるローカルルールを初心者向けに徹底解説!

ゴルフのローカルルールって? よく使われるローカルルールを初心者向けに徹底解説!

ゴルフは本来、公式ルールを使用して行いますが、公式ルールの他にも「ローカルルール」というものがあります。

ゴルフ場やコンペによってはローカルルールが採用されるため、ゴルフ初心者はどのようなローカルルールがあるのかを知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、ゴルフのローカルルールについて、以下の内容を解説していきます。

  • ローカルルールとは?
  • 初心者が知っておきたいローカルルール

これからコンペなどに参加する予定の方は、ぜひ参考にしてください。

ゴルフにおけるローカルルールとは?

ゴルフでのローカルルールとは、コースの特徴や天候によって設定されるルールのことで、各ゴルフ場によって異なります。

また、コンペなどの仲間内で設定されるルールも「ローカルルール」とされる場合がありますので、注意しましょう。

ローカルルールは、基本的に以下のような役割があります。

  • 緩和的な救済処置
  • 本来認められている行為を禁止

例を挙げて紹介しましょう。

例)雨上がりでぬかるみがある場合

本来の公式ルールではそのままプレーを続けなくてはなりませんが、ローカルルールでは、ボールを拾い上げて泥を拭くことが認められます。コースの状態や天候に合わせて設定できるのがローカルルールの良いところなのです。

・ローカルルールの注意点

初心者も知っておきたいローカルルールですが、注意したいのは、公式競技の時です。ローカルルールが採用されているのか、公式ルールのみで競技が進むのかは初心者にとってわかりづらいもの。

場合によってはペナルティを課せられたり、失格になる可能性もあります。このようなことが起きないよう、事前に主催者側へ確認しておきましょう。

初心者が知っておきたいローカルルール

ローカルルールはゴルフ場によって異なり、天候によっても左右されるため、初心者でも知っておきたいルールになります。

ここでは、知っておきたいローカルルールを詳しく見ていきましょう。

・プレ4(プレーイング4)

プレ4とは、正確にはプレーイング4というルールで、スロープレーを防ぐための救済措置です。ティーショットがOBやロストボールになった際、前方に設置されたティーから第4打目としてプレーできます。

このプレ4が設けられているのは比較的難しいコース。ゴルフ初心者はボールが左右に曲がりやすいため、プレ4があることでプレーしやすくなります。ゴルフ場によっては特設ティーでティーアップできる場合もあるため、事前に確認すると良いでしょう。

・ワンペナ

「ワンペナ」とは1打罰のペナルティのこと。隣接するホールに打ち込んでしまった場合、1打罰のペナルティが発生することから「ワンペナ」と呼ばれています。

プレーを続行する場合、ホールとの境の杭からプレー中のホールに向けて2クラブレングス以内とされていますが、ゴルフ場によって異なるので、事前に確認すると良いでしょう。

公式ルールでは、他のホールに打ち込んでしまった際、本来のホールへ打ち返す決まりです。しかし、ローカルルールの場合は、危険防止のためにこの「ワンペナ」が設定されています。

・前進2打罰

ゴルフ場によっては「プレ4」がない場合もあります。そんな時に利用するローカルルールが「前進2打罰」。

OBやロストボールをした際に、ロストした場所から2打罰を加えてプレーを再開するルールです。OB・ロストボールが確定していない場合は暫定球を打ちますが、すでにOBやロストボールが確定している場合は前進2打罰が最もスマート。

プレー時間が短縮でき、プレーファーストにつながるため2019年から正式なローカルルールとして認められました。

・ギブアップ

「ギブアップ」とは、ゴルフ初心者が数えきれないくらいに打ってしまった際に「ギブアップ」宣言ができるルールです。この場合、計上するスコアは規定スコアの3倍となります。

このルールもスロープレー防止のためとなっており、初心者への救済措置です。プレー中に規定スコアの3倍を超えそうな場合は「ギブアップ」を使用するのも良いでしょう。

・6インチプレース

「6インチプレース」とは、自分の打ったボールが落ちた場所に障害物などがあった場合、ボールから6インチ以内であれば自由に動かしても良い、というルールです。

6インチプレースの対象になるのは主にフェアウェイとラフ。木の根元にボールが落ちた場合など、このローカルルールが適用されます。

・OKパット

「OKパット」とは、次の一打で確実にカップインできそうな時に1打加えてホールアウトできるルールです。

ボールがカップから30cm以内の距離にあることが条件で、同伴プレーヤーからの許可が出なければ利用できません。パットによるスロープレーを防ぎたい場合は、ぜひ利用しましょう。

まとめ

今回は、初心者が知っておきたいローカルルールについてご紹介しました。ローカルルールは公式のルールとは異なるものの、スロープレーを防ぐために利用されることがほとんどです。

ゴルフ場や天候によって左右されるため、いつローカルルールが適用されても良いようにあらかじめ知っておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。