• HOME
  • ブログ
  • 練習
  • ゴルフ上達のための最短ルート「ハーフショット」をみにつけよう!

ゴルフ上達のための最短ルート「ハーフショット」をみにつけよう!

ゴルフでスコアを良くするのに大事なのはドライバーショット?それともパター??

いえいえ、実はアプローチショットなんです。

『100ヤード以内を制するものはゴルフを制する』と言ってもいいでしょう。

タイガー・ウッズや松山英樹、それに今をときめく渋野日向子といったトッププロもアプローチが上手いですし、練習にもかなりの時間を費やしています。

いっぽうアマチュアゴルファーは、100ヤード以内のアプローチが苦手だという人が非常に多いです。

特にスコア100切りを目指すも、なかなか結果が伴わないという皆さん。

フルショットばかりを練習して、アプローチの距離感をつくるような練習をおろそかにしてはいませんか?

そんな皆さんはぜひハーフショットを練習に取り入れてみると良いと思いますよ。

9時から3時の振り幅で

ハーフショットというのは右腰から左腰、時計で言うところの9時の位置から3時の位置までの振り幅で打つショットです。

文字通りフルショットの半分のスイングアーク(振り幅)、半分の力感で打つショットになります。

ハーフショットの最大のメリットは、微妙な距離を打ち分けられるということです。

例えば、フルショットで80~90ヤードくらいの飛距離のウェッジでハーフショットを打てば、50~70ヤードくらいの飛距離を打ち分けられる、といった具合です。

ちなみにハーフショットとはいっても、フルショットの半分の飛距離とはならないことが多いので注意が必要です。

個人差によりますが、ハーフショットでしっかり当たれば、ウェッジであればだいたい7割くらいは飛びます。

(アイアンだと8割くらいは飛ぶかと思われます。)

ですので、まずはハーフショットでどのくらいの飛距離が出るのかを把握することが大事になります。

まずはアプローチウェッジで飛距離の確認をするといいかもしれませんね。

(あくまでも一例になりますが)アプローチウェッジのフルショットが90ヤード、ハーフショットの飛距離が60ヤードだとします。

あとはグリップを短く握ってフルショットをしてみてください。

おそらく40ヤードくらいの飛距離になるはずです。

さらにクラブを持ち換えてハーフスイングをすれば、ピッチングで70~80ヤード、サンドウェッジで50ヤードくらい。

さらにさらにサンドウェッジを短く握ってハーフショットをすれば、20~30ヤード…というように、ハーフショットの振り幅は変えずに、クラブやグリップの長さを持ち換えるだけで芋づる式に飛距離の打ち分けができるようになります。

ハーフショットを打つ時のポイント

このようにラウンド中にも非常に使える場面が多いハーフショットですが、いざ練習で打ってみると、意外と難しかったりします。

ここでハーフショットをうまく打つためのポイントをいくつかご紹介します。

  • 身体の回転で打つ

ハーフショットは振り幅などを調整して、飛距離を抑えるショットです。

このようなときに起きてしまいやすいのが手打ちです。

飛距離を出さないというのが頭にありますから、ついつい手を使ってスイングを調整してしまいがちなんですよね。

手打ちにならないように下半身をどっしり構えて、腕と身体を一体化させながら、身体の回転でクラブを動かすイメージでスイングしましょう。

  • 前傾姿勢を維持させる

ゴルフのスイングに欠かせないのがスイング中に前傾姿勢を維持させることですが、これはハーフショットのときも同じです。

ただ、アプローチなどの短い距離を打つショット、もしくはグリップを短く持って打つ場合などでは、かなり意識していないと前傾姿勢がほどけてしまいます。

具体的には首・腰・膝の角度が変わらないように意識しながら打つと、前傾姿勢が維持しやすくなるでしょう。

  • フォローまでしっかり振り抜く

そしてハーフショットでミスが起きてしまいやすい一番の原因は、なんといってもスイングが緩んでしまうことではないでしょうか。

飛距離を抑えようとする気持ちが強ければ強いほど、スイングの緩み(インパクト直前でヘッドスピードが減速する)が起きてしまいます。

スイングが緩んでしまうと、ダフリとトップ両方のミスが出てしまいますから、特にアプローチでは致命的なミスとなってしまいます。

飛距離の調整は振り幅やグリップを握る長さ、そしてクラブを変えることで十分に対応できていると信じて、インパクトからフォローにかけてはスイングが緩まないように、しっかり振り抜くようにしましょう。

ハーフスイングは基礎固めに最適!

いかがだったでしょうか。

ハーフショットを身につけることで、アプローチを中心に微妙な飛距離の調整ができるようになります。

なかなか2打、3打でグリーンをとらえられないアマチュアゴルファーこそ、ハーフショットをうまく使うことができれば、確実にスコアに直結しますし、プレーの幅もひろがることでしょう。

ハーフショットの練習はフルショットに比べるとかなり地味ですが、ゴルフ上達のためには欠かせない練習だと思って取り組むようにしてください。

さらにハーフショットはすべてのショットの基本といっても過言ではありません。

ハーフショットを正しく打てるようにになることで、フルショットの精度も格段に良くなるはずです。

ゴルフスイング全体の底上げが期待できるのがハーフショットです。

次回の練習からさっそく取り入れるようにしてみてくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。