マネしたい、玄人に見えるカッコ良いゴルフの所作

どのスポーツでもそうですが、ひとつひとつの所作を見るとそれだけで、素人か玄人かが分かります。

ルール違反がなければどんな所作・動作をしても問題ないのですが、玄人の行動にはひとつひとつ意味があるので、真似るのがオススメです。

ゴルフプレー中に素人っぽく見える所作、玄人っぽく見える所作について紹介していきます。

スコアに影響しないどうでも良いものもありますが、参考にしてみてください。

※左利きの方は、左右を逆にお考え下さい

■ティの刺し方

【※時間の短縮につながります!】

ティアップのやり方だけで素人か玄人か、バレてしまいます。

たとえばこんなティアップの仕方は、ゴルフを始めたての方に多く見られます。

・クラブを脇に置き、野球のキャッチャーのようにその場にしゃがみ込み、両手をつかってティアップ

カッコ悪い以上に、ショットの準備を素早くできないデメリットがありますよね。

ゴルフを何年もやっている人やツアープロは、片手しか使いません。

・右手にティとボールを持ち、左手にクラブを持つ。右足を一歩前に出し腰をまげ、ティを刺すと同時にボールをティに乗せる。その際、左足は軽く浮いている。

こんな感じです⬇︎

どんなやり方でティアップしようが違反はないですが、片手でおこなう方がオススメですよ。

両手でティアップするよりも素早くできますし、スマートでカッコよく見えますので。

■ルーティンがいつも同じ

【※スコアに影響します!】

プレショットルーティンからショットまで、玄人は流れるように一連です。

プレショットルーティンとは、ショットする前の動作のことを言います。

たとえば、

  1. ボールの後ろにたって目標方向への球筋をイメージする
  2. 1、2回、軽くスイングする
  3. アドレスする

このような動作がプレショットルーティンです。

玄人ほどプレショットルーティンの動作と、それにかける時間がいつも同じです。

ゴルフに限らず、一流のスポーツ選手は必ず行っています。

イチロー選手もバッターボックスに入る前、ルーティンはいつも同じでした。

それと、ぜひルーティンで試していただきたいのが、スパットを決めることです。

※【スパット】=アドレスの基準となる目印

何となくアドレスすると、たいてい目標よりも右を向いてしまいます。

「あ、右へ打ってしまった!」と、打った本人はミスしたと思っていても、アドレス通りにボールが飛んでいるケースが多いです。

そのようなミスを防ぐために、ボールの2、3メートル先にスパットを決めるのです。

目印はディボットや葉っぱなど、なんでもかまいません。

あなたのルーティンの一連で、試してみてください。

■フィニッシュで静止する

【※スコアに影響します!】

これは技術的なことなので、すぐにはできないかもしれません。

でも日々の練習で、フィニッシュの形はイメージしておくのがオススメです。

美しいフィニッシュは良いスイングの証だからです。

特に土台となる下半身のバランスは大切です。

ツアープロのフィニッシュは、左足に根が生えているかのように、どっしり静止しています。

体の動かし方について試行錯誤するのも良いですが、一度フィニッシュを意識してスイングしてみてください。

意外と良いスイングができると思いますよ。

■ナイスショットしたらクラブをクルクル回しておさめる。

【※ほぼスコアに影響しません。】

手応えのあるショットをしたツアープロがよくやりますよね。

クラブをくるくる回して、剣を鞘におさめるような動作です。

タイガーウッズとジャスティントーマスが解説している動画もyoutubeにあります。

埋め込み動画↓

私も石川遼プロに影響され、自宅で練習した記憶があります。笑

アマチュアがやっても誰にも見てもらえません。自己満足ですが、なんとなくうまくなった気分になれますね。

■ピッチマークを素早く直す

【※スコアに影響しないが、大切なマナー】

グリーンナイスオンさせたとき、ボールが落ちた部分が陥没しますよね。

ピッチマークやボールマークと言いますが、これはグリーンフォークで直して平に戻さなければいけません。

それもサッサっと直すと、慣れた感じがでます。

このとき注意したいのは、フォークを手前に倒さないようにすることです。

手前側に倒すと、芝の根が切れ、枯れてしまうそうです。

正しいピッチマークの直し方を覚えておきましょう。

■OKをだしてもらえたら、パターでボールを拾い上げる

【※ほぼスコアに影響しません。】

グリーン上で「OK」をもらったとき、ふつう手でボールを拾い上げますが、慣れた人はパットでヒョイと拾います。

何気なくやるとカッコいいですよね。

得することといえば、足腰を曲げなくて済むということでしょうか。

■まとめ

上級者はアドレスの仕方やコースの攻め方など、ショットの技術以外も洗練されています。

今後もし一緒にプレーできるチャンスがあれば、ひとつひとつの動作をじっくり観察し、参考にしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。