• HOME
  • ブログ
  • 練習
  • 【3が月で100切り!】初心者ゴルファー必見! 練習をするだけじゃダメ?! スコアアップの秘訣3選!

【3が月で100切り!】初心者ゴルファー必見! 練習をするだけじゃダメ?! スコアアップの秘訣3選!

ゴルフでスコアを伸ばしたくて、たくさん練習に行っても、思うようにスコアは伸びてくれませんよね?

特に初心者の方は、まず100切りを目指して、練習をすると思いますが、ベストを更新したり、100を切ったりするために重要なことは、練習だけではありません。

本記事では、初心者の方がスコアを伸ばすために何を考え、実践すれば良いかを解説します。

ラウンド中にスコアを伸ばすためにどのように工夫すれば良いか、どんなことを考えてプレーすれば良いかがわからない方、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに私は実際に、これらの考え方を実践し、ゴルフを始めて3か月で100切りを達成しました! 

◆スコアアップに必要な3要素

早速紹介します。スコアをアップするために必要な考え方3つです。ご自身のプレースタイルと当てはめながら読んでみてください。

  • フルショットしない

初心者の方にありがちなのが、とにかく遠くに飛ばそうとしてフルショットをすることです。ゴルフは飛距離を競うスポーツではありません。どれだけドライバーを飛ばしても、セカンドショットでミスしたり3パットしたりするとスコアは良くなりません。常に自分のスイングが崩れない、8割くらいの力感でのスイングを心がけましょう。

また、フルショットすると変な力みが入り、ミート率が下がってかえって飛距離が落ちたり、グリップがずれてしまったりして思うような球はなかなか打てません。ゴルフは再現性のスポーツと良く言われます。何度打っても同じ球が出る確率が高くなるように工夫しましょう。

  • 良いイメージができないクラブを使わない

ゴルフではイメージを持ってプレーすることが大事です。プレーしていく中で、「このクラブなら上手く打てそう」とか「このクラブだとこんなミスが出そう」とか色々とイメージがあると思います。初心者の方で良くありがちなのが、残りの飛距離だけでクラブチョイスをして、良いイメージの出来ないクラブを使って結果ミスをしてしまうことです。

例えば、ライが悪いところから残りピンまで170ヤードだったとします。いつも170ヤード飛ばすクラブが6番アイアンだとした場合、あなたは何を持ちますか?

まず、ライが悪いので6番アイアンでのミスショットイメージが出てくると思います。なので僕なら次の二通りのうち、いずれかを選びます。

  1. 1番手上げて5番アイアンでハーフショット
  2. 120ヤード打てるクラブで打ち、50ヤード残す。

ここでポイントなのが、僕はハーフショットが得意であることと50ヤードが得意距離であることです。少しでも悪いイメージがある状況からは、無理せず自分の得意な条件で勝負することが重要です。

ゴルフのラウンドは打ちっぱなしとは異なり、常に状況は変化します。当日の天気や芝の濡れ具合、風向きなど様々です。あらゆる状況を頭に入れ、どのクラブで打つのが最も良いイメージができるかをしっかり考えて、クラブを選びましょう。

  • 1パットで入れようとしない

初心者の方は、パターで悩むと思います。パターは感覚だと言われたり、センスが大事と言われたりすることがあるように、大変難しいクラブの一つです。1パットで入れることはプロでも難しいのですから、それよりも3パットしないようにするにはどうすれば良いかを考えることが重要です。

なので、イメージとして、カップという小さな穴をねらってパッティングするのではなく、カップを中心として半径1メートルの円の中に入れれば100点というイメージを持ちましょう。そうすれば、気持ちもラクに打てますし、大失敗することは激減するでしょう。

◆まとめ

いかがだったでしょうか?

練習場で練習することも上手くなるために絶対に必要ですが、スコアを伸ばすためにはそれだけではありません。ゴルフは最終的に何打で上がったかを競うスポーツです。それを念頭に置き、ラウンドするようにすると、おのずと色々なシチュエーションで正しい選択をできるようになるはずです。

ぜひこれらの3ポイントを実践してみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。