冬ゴルフは上達のチャンス!  オフシーズンを活用するメリット

「冬は寒いしボールも飛ばないし……」といった、スコアの落ちにもつながる点から、冬のゴルフは敬遠されがちですよね。

でも、ちょっと待って! オフシーズンだからこそのメリットもあるんです。冬ゴルフのメリットとデメリットを知ってゴルフをすれば、上達の道が開けてきますよ。

そこで本記事では、冬ゴルフ攻略のための注意点や服装、必需品についてまとめて紹介します。

 ◆冬にゴルフを攻略するメリット

冬まっただ中の1月~2月は、ゴルフのオフシーズンに当たります。オフシーズンならではのメリットを活用してゴルフを楽しみましょう。

・割安料金で何度も通える

オフシーズである冬は、ゴルフコースの料金が通常より安く設定される傾向があります。

これは、ゴルフを始めたいと考えている人にとってはうれしいポイント。価格がリーズナブルな分、足繁く通って練習できます。

また、普段は料金が高くて行けないような、憧れの名門ゴルフコースでのプレーも、夢ではないかもしれません。

・プレッシャーなくのびのびプレーできる

春や秋のハイシーズンはプレーする組が多いため、プレーに手間取ったりすると、後ろから次の組が迫ってくることがあります。これは、初心者にとってはかなりのプレッシャー。

その点、プレーする組が少ない冬は、時間的にも精神的にもゆとりを持ってゴルフができます。一緒にコースを回る人との会話も楽しみましょう。

ゴルフコースの予約も取りやすくなります。人気のコースを予約して接待ゴルフに利用すれば、ゲストにも喜ばれるでしょう。

◆スコアを落とさないための冬ゴルフ攻略法

冬ゴルフでスコアが落ちるのは、ボールが飛ばなかったり、グリーンが凍ったりすることが原因です。これは、雨や風、雪、気温などの冬の気候に起因します。

裏を返せば、好条件とはいえない環境でのプレーには、ゴルフを上達させるチャンスがあるということ。発想を転換してデメリットをメリットに変えましょう。

・「ボールが飛ばない」の攻略は準備運動から

気温が下がれば下がるほど、空気の密度は高くなります。密度が高くなると、ボールが空中で受ける抵抗は大きくなります。冬にボールが飛ばないのはそのためです。

また、寒さで体が縮こまることで、体の可動域が狭くなることも、飛距離に影響を与えます。スタート前は必ずストレッチなどの準備運動を行って体を温め、体の動きをよくしましょう。

くれぐれも無理な姿勢でスイングして体を痛めることがないように。

・凍結したグリーンは手前から転がす

凍って硬くなった冬のグリーンを攻略するためには、いつも通りの感覚でグリーンを狙ってはいけません。打ったボールが飛び跳ねてコロコロと転がってしまいます。狙うのは、あくまでもグリーンの手前。

グリーンの硬さは、時間の経過と共に変化します。ラウンドをスタートした時はカチカチに凍っていたグリーンも、陽が当たって霜が解け始めると、水分を含むようになります。ボールの転がりが徐々に悪くなりがちなので、時間経過を踏まえたグリーンの状態の見極めも重要です。

・ダフリやすい冬の薄い芝はパターで寄せる

冬に芝が枯れて薄くなることも、スコアを落とす要因の一つです。冬の芝は元気がなく、ボリュームがありません。そのため、ボールと地面の間に隙間がなく、ボールを打つときにダフリやすくなります。

グリーン周りからのアプローチは、転がすことを意識してパターで寄せていきましょう。冬場は、夏に比べて芝の抵抗が少ないため、ピンに寄せやすいというメリットがあります。

◆スケジュール管理や服装の注意点

次に、冬ゴルフで気を付けたい注意点をチェックしておきましょう。

・日没時間を考慮して早めにスタート

冬は日没が早いため、スケジュール管理も重要になります。ベストな状態でプレーに臨めるよう防寒対策はしっかりと行いましょう。

冬は、天候しだいでプレーの中断を余儀なくされ、日没までにプレーが終了できなくなることもあります。日没時間を計算に入れて、早めのスタートを心がけましょう。

ただし、早朝はグリーンが凍結している可能性があります。1ラウンドにかかる所要時間はおおよそ5時間。1時間の昼食休憩が加わった場合、6時間かかる場合もあります。これらのことを考慮してスタート時間を設定しましょう。

・防寒アイテムを活用して温かく

厚着をしすぎると、体を思うように動かせず、スイングに支障を来たしてしまいます。裏起毛などの発熱素材を用いたトップスや着圧タイツなど、薄地の機能性インナーを積極的に活用するのがおすすめです。

ニットの帽子、ネックウォーマー、防寒グローブなどの防寒アイテムも取り入れましょう。

首の後ろや腰に貼ったり、ポケットに入れたりできる使い捨てカイロも必需品です。足元専用のカイロも販売されています。また、タンブラーに温かい飲み物を入れて持ち歩くのもグッドアイデアです。

◆冬ゴルフを楽しもう!

きりりと澄んだ空気の中でプレーできる冬のゴルフは、気持ちがいいものです。天候に左右される一面はありますが、初心者が手軽にゴルフを始めたり、中級者や上級者がゴルフを上達させたりするのにも適しています。

「冬」をうまく活用して、思い思いのゴルフを楽しんでくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。