• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • 【保存版】スコアを落とさないために! 雨のゴルフで重宝するゴルフグッズ特集

【保存版】スコアを落とさないために! 雨のゴルフで重宝するゴルフグッズ特集

せっかく楽しみにしていたゴルフも、天候に恵まれずにガッカリしてしまった経験のある方も多いのでは?

「雨の日のゴルフだって楽しみたい!」

そんな方のために、雨の日ゴルフに重宝するゴルフグッズ&必ず持参したい必需品をまとめてご紹介していきます♪

雨の日でもゴルフはプレイする?

そもそも、雨の日でもゴルフは中止にならないの?と、疑問に感じる方もいますよね。

雨天時の“中止”の判断はなかなか難しいですが、基本的にゴルフ場がクローズにならない場合は雨天でもプレイすることが可能です。

長時間にわたって屋外でプレイすることになるため、しっかりと対策をしておかないと後悔することに……。

雨の日に必ず用意するべきゴルフグッズ5選

雨の日でも快適にゴルフがプレイできるよう、事前に用意しておきたい「雨対策ゴルフグッズ」をしっかりとチェックしていきましょう!

レインウェア(レインスーツ)

雨対策グッズの王道ともいえるのが、レインウェアです。

「傘があればレインウェアはいらないんじゃない?」「なんとなく邪魔になりそう…」という意見をお持ちの方もいるようですが、断言します。

レインウェアは絶対にあったほうがいい!!

スイング中はどうしても傘をさせないので、服が濡れてしまう原因になります。

濡れてまとわりついた服はプレイの邪魔になりますし、体も冷えてしまいますよね。

ゴルフ専用タイプから一般的なレインスーツまで機能性も価格もピンキリですが、どんな機能のものであれ1着は持っておくことをオススメします。

レインキャップ

雨の日はどうしても視界が悪くなりがち。そんな時に便利なのがレインキャップです。

スイング中も視界が確保できるうえ、蒸れにくく快適さも段違い!

キャップタイプももちろんいいですが、ハットタイプなら耳~首回りもカバーできますよ。

全天候(雨用)グローブ:できれば複数用意

グリップの滑りは、雨の日のゴルフで不快感を感じやすいポイントです。

できるだけ滑りにくい状態を保つために、防水性能に優れた雨用のグローブを準備しておきましょう。

グリップ力の低下はスコアの低下に直結するので、必ず準備しておきたいところです。

また、途中でグローブを取り替えられるよう、予備を何枚か準備しておくのが理想です。

滑りにくいゴルフシューズ

手元だけでなく、足元の滑りやすさにも注意する必要があります。

雨の日はグリップ力のあるソフトスパイクタイプのシューズがおすすめ。

素材も、雨が染みにくい防水・撥水素材のものを選ぶと、快適なプレイに役立ちます。

防水スプレー等で対策をしておくとさらにGOODです。

着替え用ゴルフウェア

レインウェアなどで対策をしていても、天候によってウェアが濡れてしまう可能性は十分にありますよね。

ハーフ終了後のタイミングで着替えられるよう準備しておきましょう。

靴下を換えるだけでもスッキリするので、靴下の替えは多めに持っていくことをおすすめします♪

ゴルフグッズだけじゃない!あると便利な雨対策グッズ5選

上記の必需品にくわえ、あると便利なグッズをご紹介します。

少しでも快適にプレイできるよう、雨対策は万全にしておきたいですね♪

雨天時は傘を貸し出してくれるゴルフ場が多いです。しかし、

  • 人数分の傘がない
  • 重くて使いにくい

など、レンタル傘に不具合があった場合、ストレスを感じる原因になります。

使い慣れてたゴルフ用の「my傘」を持つのがオススメです。

吸水速乾アンダーウェア

レインウェアって、長時間着ているとジメジメっとした不快感を覚えることがありますよね。

吸水速乾性に優れたアンダーウェアを身につけておくと、レインウェア独特のむわっとした感じを軽減することができますよ。

防水スプレー

レインキャップやゴルフシューズに事前にスプレーしておくと、撥水効果が高まります。

雨に濡れてしまった後は使用できないため、前日までに対策しておくようにしましょう。

タオル

雨の日ゴルフでは、ラウンド中にこまめにグリップやボールをふき取る必要があります。

タオルはできるだけ多めに持っていくようにしましょう。

カイロ、防寒対策グッズ

雨に打たれながら長時間屋外でプレイするのは、想像以上に体力を消耗します。

暖かい季節でも気候によっては寒さを感じやすい雨天ゴルフ。

防寒対策として、使い捨てカイロを常備しておくといいでしょう。

雨の日ゴルフで押さえておきたいポイントは?

雨の日ゴルフはどうしてもスコアが落ちてしまいがち。

なるべくスコアをキープできるよう、雨天時に意識するべきポイントを押さえておきましょう。

グリップ・グローブを濡らさない!

先ほども書きましたが、手元が滑るとスコアに悪影響が確実にでます

雨用グローブを使用したうえで、とにかくグリップやグローブを濡らさないよう意識するようにしましょう。

ショット前はタオル等でグリップについた雨をふき取ることも大切です。

飛距離よりも正確さ!コンパクトスイング重視で

雨の日はどうしても飛距離が出ません。が、そこで無理やりボールを飛ばすことばかり考えてしまうのはNG。

飛距離よりも正確さを重視し、コンパクトスイングを心掛けるようにしましょう。

クラブ選びは雨の強さも考慮しよう

コンパクトにスイングする分、いつもより番手を上げたクラブを選ぶことが重要です。

晴天時と同じクラブ選びではなかなか思うようにボールが飛んでくれません。

「コンパクトスイング+番手を上げたクラブ選び」を意識してみてくださいね!

まとめ

せっかくゴルフをするなら、雨の日だって楽しみたいですよね。

自然を味方につけることができれば、もっともっとゴルフが好きになれるはず!

ぜひ雨の日ゴルフグッズをフル活用しながら、快適なラウンドを楽しんでくださいね♪

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。