• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • ゴルファーはホームコースを作るべきか? 持った方がいい人の特徴やメリットについて解説します!

ゴルファーはホームコースを作るべきか? 持った方がいい人の特徴やメリットについて解説します!

ゴルフをプレーするようになると遅かれ早かれ“ホームコース”という言葉を耳にするようになります。

ひと昔前のように会員権を購入することなくゴルフを楽しむ人が増えてきましたが、それでもお気に入りのゴルフ場をホームコースとして数多くプレーする人もいらっしゃることでしょう。

いっぽうでホームコースというものに縛られたくない、いろんなゴルフ場でプレーをすることが好きだという人もいらっしゃると思います。

ホームコースを作るべきか作らないべきか。

スコアにこだわりたいのならやはりホームコースは意識するべきではないかな、と思う次第でありまして…。

◆コースとの相性は必ず存在するものです!

日本全国には本当に数多くのゴルフコースが存在します。

そして当然のことながらゴルフ場ごとに設計が異なるので、まったく同じレイアウトのコースというのは存在しません。

ですからコースによって得意不得意、つまりは相性というものが出てきます。

『このコースは全体的にフェアウェイが狭いコースなんだけど、不思議とOBが出ないしスコアもまとまるんだよね。』

『あのコースはけっこう広くてプレーしやすそうなんだけど、あがってみるといつもスコアが悪いんだよね。』

皆さんにもこういうことってありはしませんか?

フェアウェイの広さだけではなく、バンカーなどのハザード位置やグリーンの形状、スピードもゴルフ場によって全く違うわけですから、ゴルファーのひとりひとりの技量や特徴によって相性が出てくるのは当然のことなのです。

これはアマチュアゴルファーに限ったことではなくプロゴルファーにとっても同じこと。

プロゴルファーのトーナメントは年間数十試合あるのですが、その中で得意とするコースの試合を優先して出場できるようにスケジュールを組んでいるプロゴルファーも多いと思います。

プロゴルファーでもコースとの相性を気にするわけですから、アマチュアゴルファーにとってはなおさらのことです。

もし前回は100切りを達成したのに次はボロボロだったというとき、もし前回と別のコースをプレーしたのであれば、調子云々よりもコースとの相性が大きく関係しているかもしれません。

特に初めてのゴースの場合、ハザードの位置やグリーンまわりのバンカー、グリーンのスピードなどを手探りでプレーするわけですから、日頃よりスコアが悪くなるのは当然のことです。

そこにコースとの相性の悪さが重なれば…。

スコアを気にするほうが野暮ってもんですよね。

◆スコア重視派はホームコースをつくるべし

ホームコースを作るかどうかは皆さんのプレースタイルによると思います。

もしあなたがスコアを重視するようなら、やはりホームコースを作って、そのコースをメインにプレーするほうが良いと思います。

自分にとって相性の良いコースを繰り返しプレーすれば、ホールごとのハザードの位置も頭に入りますし、狙い目も明確になることでしょう。

ゴルフというのはいかにミスを少なくするかが重要なスポーツです。

そう考えると同じコースを繰り返しプレーするほうが圧倒的にミスを抑えられる可能性が高くなります。

近年は会員権の相場も比較的安価になってきていますし、友の会のような年会費制でプレー費が安くなるコースも増えてきています。

さらにいえばビジターとして繰り返し予約できるゴルフ場もかなり増えていますので、

わざわざ会員権や友の会会員を申し込まなくてもホームコースとしてプレーできるコースを見つけやすくなっていますよ。

ただしプレー頻度が少ないアマチュアゴルファーの場合は、いくら相性の良いホームコースだとしても、調子の悪い時には思うようなスコアが出ない場合もあります。

それにゴルフはメンタルが大きく影響しますので、『ホームコースだから必ず良いスコアを出してやる!』とあまり自分自身を追い込まないようにしましょう!

◆いろんなコースを楽しむのもゴルフの醍醐味

いっぽうで『いろんなゴルフコースをプレーしたい!』と考えて、毎回違うゴルフコースでプレーする、というのもゴルフの楽しみ方だと思います。

ここ数年でビジターでも気軽にプレーできるコースが大幅に増えているわけですし、そういった恩恵を最大に活かすためにもいろんなゴルフコースをプレーするのは良いことではないでしょうか。

ただし先に述べたように、初めてプレーするゴルフコースは良いスコアはあまり期待できません。

いろんなコースをまわる場合には、スコアにはあまりこだわらないほうがよりプレーを楽しめるかと思います。

あとはたくさんのコースをプレーすることで様々なハザードやホールロケーションを経験できますので、アプローチの引き出しやゴルフに重要なイマジネーション力を磨くのに一役買ってくれるかもしれませんね。

ホームコースでスコアにこだわりたい!という皆さんも、3回に1回くらいはホームコース以外のコースで技を磨くというのもありかもしれませんね。

ということでとりとめのない内容になってしまいましたが、ホームコースを作るのも作らないのもプレーする皆さん次第、楽しみ方に合わせて選んでみてくださいね♪

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。