• HOME
  • ブログ
  • 雑学
  • ゴルフで多い怪我の種類は?対策は?すぐにできる予防策を徹底解説

ゴルフで多い怪我の種類は?対策は?すぐにできる予防策を徹底解説

ゴルフは年齢を重ねても楽しめるスポーツだといわれますよね。接触プレイや運動量の激しい競技とは違い、ゆったりと趣味ゴルフを堪能できるのが魅力です。

その一方で、意外にもゴルフに怪我は付き物。しっかり対策をしておかないと、故障を引き起こす原因となります。

そこで本記事では、ゴルフ中に生じやすい怪我と対処法をまとめてご紹介していきます。

■ゴルフで怪我をしやすい部位・種類は

大きくスイングをしながら長距離を歩くゴルフ。反復動作が必要なシーンも多く、限られた部位に大きな負荷がかかりやすくなります。

それを踏まえ、傷めやすい部位や怪我の種類をみていきましょう。

ひねり動作による腰・背中・肋骨の怪我

スイング動作は腰を大きくひねる動作が必要です。繰り返し捻転する負荷がかかり続けるため、背中や腰を傷める原因になることも。

また、ひねり動作による慢性的な疲労が蓄積し、肋骨にヒビが入ってしまう(疲労骨折してしまう)ケースもあります。

反復動作による肘・手首の怪我

インパクトの衝撃を直に受ける肘~手首は、ゴルフ中に怪我を引き起こすい代表てきな部位。同時に、遠心力をかけてクラブをスイングし続けるので、それを支える負荷もかかってきます。

結果、手首の腱鞘炎やゴルフ肘と呼ばれる肘の痛みなど、関節周囲に炎症症状に悩まされるゴルファーが多いです。

スイング姿勢不良による首・肩の怪我

安定したスイング姿勢を取れない初心者に多いのが、首から肩にかけての不調です。適度にリラックスすることが難しく、肩甲骨周辺に余分な力が入ってしまうケースが多々。

その結果、首の痛みや肩こり、肩甲骨周りの炎症を引き起こすことがあります。

水分・塩分・ミネラルバランスの崩れによる不調

ゴルフのラウンド中に、下記のような症状に悩まされるゴルファーも目立ちます。

  • 足がつる
  • 筋肉が痙攣する
  • 熱中症・脱水症の症状が出る

これらは体の使い方や姿勢の問題ではなく、体内の水分量やミネラルバランスの崩れ、塩分不足などが原因だと考えていいでしょう。

ゆったりとしたスポーツのイメージが強いゴルフですが、想像以上に全身を使う競技です。熱中症などの重篤な状態に陥るリスクもあるので、体調管理には十分に気を配る必要があります。

すぐできる!怪我予防策とは?

せっかくの楽しいゴルフで怪我をしないよう、しっかりと予防対策を取るようにしましょう。「今までどこも傷めていないし、自分は大丈夫だろう」とは考えず、準備を整えることが大切です。

ご了解する予防策は、誰でもすぐに取り入れられるものばかり。ぜひ次回のラウンドから取り組んでみてくださいね!

プレイ前は入念なストレッチを

体の準備ができていない状態でいきなりプレーを始めると、思わぬところに痛みが出る可能性が高くなります。

想像以上に全身を大きく動かす競技だからこそ、ラウンドに出る前には入念にストレッチをしておきましょう。

プレー直前のウォーミングアップや終了後のクールダウンはもちろん、自宅でのストレッチを習慣化しておくのもおすすめ。身体の柔軟性が高まることで、

  • ひねり動作の可動域が広がって、スイングスピードが上がる
  • 余分な力が抜け、リラックスできる
  • ラウンド後に疲労や筋肉痛を感じにくくなる

などといった様々なメリットを体感できるでしょう。

ストレッチについてまとめた記事もあるので、こちらも参考にしてください!

参考記事:https://golftrigger.com/golf-stretching

適度な水分・塩分補給

長時間屋外でプレーを楽しむゴルフでは、想像よりもはるかにたくさんの汗をかいています。水分不足・塩分不足になると、体内のミネラルバランスが崩れてしまい、

  • 吐き気や頭痛などの不快症状が出る
  • 意識がぼんやりする、熱中症になる
  • 急に足がつる(こむら返り)

このような状態に陥るリスクがあります。塩分・エネルギー補給用の塩飴を設置したり、売店内にて販売したりしているクラブハウスも多いので、長時間のラウンド前や休憩中に舐めておくといいでしょう。

また、コース内には水分を購入できる場所がないケースも多いため、ラウンドには水分を多めに持っていくのも忘れずに。

転倒に注意

大自然の中に広がるゴルフ場では、足場が悪く転びやすい場所も点在しています。

  • ウォーターハザード(池)の周辺
  • 傾斜の強いラフ
  • 雨上がりの濡れた芝

これらは非常に滑りやすく、転倒しやすいスポットの代表。特にウォーターハザード周辺はぬかるみやすいので、池ポチャをしてしまった時は無理して近寄らずに、ドロップして再開したほうが安全です。

カートからの転落・事故に注意

ゴルフ場では欠かせないカート移動ですが、意外にもカートが引き金となる事故は毎年のように発生しているといわれています。

カートから身を乗り出しすぎて車両からふるい落とされてしまったり、カートそのものに轢かれてしまうような事故もなくはありません。

ゆったりと走る快適なカートですが、ルールを守って正しく使用するようにしましょう。

違和感があれば早めに専門家へ相談を

ゴルフ中に生じやすい怪我や予防対策についてまとめてご紹介いたしました。

故障してしまうと、治るまでの一定期間はゴルフをお休みしなければなりません。部位やケガの程度によってはずっと違和感を抱えることにもなりかねないため、そもそも怪我をしないよう入念に対策を取ることが重要です。

もし体のどこかに違和感があれば、早めに専門家へ相談するようにしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。