ユーティリティー選びで失敗しないために知っておきたいこと

もはやお助けクラブの代表格として認知され、プロアマ問わずに多くのゴルファーがセッティングに加えているユーティリティー。

海外でもハイブリッドという呼び名で広く認知されています。

そんなユーティリティーですが、自身に合わないモデルを選んでしまうと逆に非常に使いにくいクラブになってしまいます。

ユーティリティー選びで失敗しないために、最低限の正しい知識を覚えておくことを強くお勧めします。

ユーティリティーはフェアウェイウッドとアイアンの良いとこ取り!

まずはユーティリティーがどのようなクラブなのかを簡単にご説明します。

ユーティリティーはフェアウェイウッドとアイアンを組み合わせたような形状をしたクラブであり、ウッド型とアイアン型があります。

ウッド型はフェアウェイウッドよりも小ぶりなヘッドにアイアンに寄せたシャフトの長さをしており、フェアウェイウッドに比べると球は上がりませんが、ロングアイアンに比べるとかなりボールは上がります。

またアイアン型はパワーがあり引っかけのミスが気になる人向けのクラブで、殆どアイアンと同じ形状で中空構造になっています。

つまりフェアウェイウッドの場合はボールが吹き上がってしまい風に弱い、ロングアイアンは操作性が難しくてボールが上がりづらい、というデメリットを一気に解消してくれるのがゆーてリティ―なのです。

確かにユーティリティーは弾道はショートウッドとロングアイアンの中間くらい、さらに多少のラフからでもクラブヘッドの抜けが良くミスにも強い。

というわけでユーティリティーはフェアウェイウッドとアイアンの良いとこ取りなクラブとして瞬く間に人気が広がりました。

その人気はプロゴルファーにおいても例外ではなく、男子プロはショートウッドやロングアイアンの代わりに、女子プロであれば5番アイアンの代わりにユーティリティーをセッティングしていることが多いようです。

ロフト角には要注意!

そんなお助けクラブであるユーティリティーを我々アマチュアが使わない手はありませんよね。

しかし自身に合わないものを選んでしまえば、お助けどころかプレーの足を引っ張ることにもなりかねません。

ユーティリティーは単品で買い揃えることが多いので、クラブ選びの際には正しい知識を身につけましょう。

まずユーティリティー選びで気にして欲しいのはロフト角です。

7番ウッドなどのショートウッドやロングアイアンの代わりに使うことを考慮すれば、1本目はロフト角21~26度くらいのものをチョイスするのが良いでしょう。

5番ウッドの代わりにロフト角16~19度くらいのモデルを愛用しているプロゴルファーも多いですが、ロフト角19度以下になるとかなりのパワーとミート率がないと使いこなすのは難しいです。

アマチュア、特にアベレージゴルファーの場合は19度以下のユーティリティーには手を出さずに5番ウッドをチョイスしたほうが無難かもしれません。

あとは26~30度のロフト角のモデルを5番アイアンや6番アイアンの代わりに使う際も注意が必要です。

ユーティリティーはアイアンに比べて操作性に優れていますが、ロフト角が多いものになると逆につかまり過ぎてかなりのフックボールが出てしまうおそれがあります。

特にパワーのある男性なんかは注意が必要ですね。

あとはメーカーによってロフト角と番手がバラバラなのもユーティリティーの特徴。

フェアウェイウッドなら概ね3番は15度、5番は18~19度で各メーカー統一されていますが、ユーティリティーの場合はロフト角21~22度でも、A社は3番、B社は4番というように番手表示にズレが生じるケースが多いです。

番手にとらわれずに必ずロフト角を確認するようにしましょう。

シャフトと重量フローも大事です!!

フェアウェイウッドとアイアンの隙間を埋めるということで、ユーティリティーはシャフト選びも重要になってきます。

例えばフェアウェイウッドはカーボンシャフト、アイアンはスチールシャフトを使用している場合、ユーティリティーのシャフトをどちらにするかで悩みますよね。

こういった場合はどのような球筋を打ちたいかでシャフトを選ぶのも一つの手です。

フェアウェイウッドの延長線上で高い弾道や飛距離を優先するならカーボンシャフト、アイアンの延長線上で左右のブレやショットの精度を求めるならスチールシャフトをチョイスするといった具合になります。

あとは重量フローも大事です。

ゴルフクラブはドライバーが一番軽く、ウェッジが重くなるように重量フローをつくっていくのが一般的です。

アイアンはカーボンシャフトなのにユーティリティーはスチールシャフトというようなチグハグなセッティングにしてしまうとスイングバランスが崩れやすくなってしまいます。

最後にヘッド形状ですが、これはシャフトと同じくフェアウェイウッドとアイアンのどちらに近いイメージでスイングしたいかで選ぶのが良いでしょう。

また同じウッド系のクラブヘッドでも、形状によってフェアウェイウッドの打ち方が合うものとアイアンの打ち方が合うものがありますので、これも購入前にぜひ確認しておきたいポイントになりますね。

いかがだったでしょうか。

ユーティリティーについての正しい知識を身につけて、最高の相棒となる1本を見つけてくださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。